読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

社会福祉士の仕事とは?

社会福祉士とは、加齢や病気、経済的な不安など、さまざまな理由によって生活が困難になった人の自立を支援する専門職です。国家資格である社会福祉士の活躍の場は、行政機関から民間企業まで多岐にわたります。これから少子高齢化社会を迎える時代において、このような社会福祉サービスは、ますます必要とされていくでしょう。

ここでは、そんな社会福祉士の詳しい仕事内容や年収についてお伝えします。

社会福祉士とは

社会福祉士とは、身体的・精神的・経済的な理由で生活に不安を抱えている人から相談を受けて、問題解決のサポートにあたる国家資格です。福祉分野のプロフェッショナルとして、社会福祉施設、医療機関、行政機関、独立型社会福祉士事務所など、さまざまな場所で活躍することができます。

社会福祉士は「ソーシャルワーカー」や「生活相談員」とも呼ばれ、あらゆる世代の困っている人々をサポートします。例えば、高齢者の生活援助や、子どもの虐待・不登校の解決、障害を持つ人への自立支援、低所得者への援助などです。社会福祉士はどんな場面でも、相談者やその家族の話に親身になって耳を傾け、二人三脚で問題解決の手助けを行います。

社会福祉士の仕事内容

社会福祉士の業務内容は、大きく「相談」・「関係機関との調整」・「管理運営」の3つに分類されます。中でも社会福祉士にとって最も重要で、多くの時間を割いてあたる業務が「相談」です。困っている相談者に寄り添って、高齢者介護や障害者支援、生活保護、児童福祉など社会福祉全般の悩みを聞きます。そして、豊富な知識を持ったプロの視点から、その人に合った社会制度や地域サービスを提案して問題を解決していきます。

「関係機関との調整」では、相談者が適切な援助を受けられるように、行政や医療機関と連携を取り、手続きを代行して自立をサポートします。「管理運営」では、相談者が困った時にすぐ連絡が取れるように窓口を整えたり、社会的にどのような福祉サービスが求められているか情報を集めたりします。

社会福祉士の年収

社会福祉士の平均年収は約280万円となっています。社会福祉士の就職先は、社会福祉法人や自治体、医療機関など公共性の高いところが多く、安定した収入を得られるでしょう。その人の相談支援のキャリアや、ケアマネジャーなど関連する福祉資格を取得することで、給料アップや昇進を目指すことができます。

おわりに

社会福祉士は人と深くつながる仕事です。相談に来る人は、年齢や性別、性格、育ってきた環境もすべてさまざまです。そのような人たちと丁寧にコミュニケーションをとって、信頼関係を築いていかなければなりません。簡単な業務ではありませんが、「人の役に立つ仕事がしたい」と考える人にとって、非常にやりがいのある仕事と言えるでしょう。

広告を非表示にする