読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

社会福祉士の専門学校・大学・短大

社会福祉士を目指すなら、高校卒業後、養成課程のある専門学校・大学・短大に進学することが近道です。社会福祉士福祉分野のプロフェッショナルとして、あらゆる制度の知識が問われます。法律や制度と聞くと難しく感じますが、すべて私たちの生活に密接に関わる内容ばかりです。

ここでは、社会福祉士を目指す方々に向けて、その専門学校・大学・短大についての情報をお伝えします。

社会福祉士の専門学校・大学・短大

社会福祉士になりたいと考えている人は、福祉系学部のある専門学校・大学・短大に進学しましょう。大学に設けられている社会福祉士養成の履修科目を学び終えると、在学中に国家試験を受けることができます。また、大学のボランティアサークルなどに所属することで、就職する前に福祉経験を積むこともできるでしょう。

一方、専門学校・短大に進学する場合は、卒業後に1年もしくは2年、相談援助の業務経験が必要になります。学校選びの際は通学のしやすさなどに加えて、実習の環境や国家試験対策の充実度合いもチェックしてみましょう。

社会福祉士の学費

社会福祉士の学費は学校によって大きく異なり、大学の場合で350万円~450万円程度、専門学校の昼間課程で150万円程度になります。大学の方が費用はかかりますが、多岐にわたる福祉分野の講義を受けられる点や、在学中に国家試験の受験資格を得られる点にメリットがあります。家族とよく相談しながら、自分に合った学び方を選びましょう。

社会福祉士の勉強

社会福祉士の勉強内容は、生活や福祉についての基礎知識はもちろん、介護保険制度や児童福祉制度などの専門分野も学びます。さらに相談援助の方法や、地域福祉についても理解を深めます。社会福祉士の国家試験は出題範囲が広く、福祉全般の知識が問われるため、勉強はじっくりと時間をかけて、コツコツと知識を積み上げていく必要があるでしょう。

おわりに

社会福祉士は、高齢者や障害をもつ人など、さまざまな理由で困っている人に健やかで安定した暮らしを取り戻してあげる仕事です。そのためには専門的な知識や、社会福祉が私たちの生活にどのようにつながっているのか、歴史や理論から学んでいく必要があります。

福祉分野に興味がある人は、気になる学校のオープンキャンパスなどに参加してみると、その学校に通う自分を具体的にイメージすることができるでしょう。理想像を具体的にイメージして、自分に合った学校を見つけてください。