読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

エステティシャンの専門学校・大学・短大

エステティシャン

エステティシャンはお客さまの肌に触れる仕事であり、正しい知識や技術を備えていることが求められます。何も知らないままで就職しても、お客さまに施術ができるまでの下積み期間が長くなってしまいます。そのため、養成課程のある専門学校・大学・短大に進学するのが一般的です。学校を卒業すると、一定の知識や技術があると認められ、大手サロンへの就職の道がひらけることもあります。

ここでは、エステティシャンの専門学校・大学・短大について、その学費や勉強内容をご紹介します。

エステティシャンの専門学校・大学・短大

日本には今のところエステティシャンの公的な資格はありませんが、欧米諸国では、高度な知識と技術を持つプロフェッショナルとして認められています。それくらい、さまざまな知識が必要になる職業なのです。そのため、お客さまに選ばれるエステティシャンを目指すには、専門学校・大学・短大でしっかりと基礎知識を学んでから就職することをおすすめします。

学校を選ぶときは、パンフレット等を資料請求して卒業生の就職先を確認し、自分が目指すイメージに合う学校を選びましょう。エステティック協会に認定された学校では、資格の取得や就職についてのサポートが手厚いところも多くあります。サロンと提携している学校に進学して、卒業後はそのまま系列店に就職するという道もあります。

エステティシャンの学費

エステティシャンの学費は、多くの場合150万~250万円前後です。エステティシャンの授業では、実際にサロンで扱う機材や化粧品を使ってマッサージの方法などを学びます。学費を調べるときは、施設費や道具費も含まれているかもしっかりと確認しておきましょう。奨学金などの制度で金銭面をサポートしている学校もあります。

エステティシャンの勉強

エステティシャンの勉強では、フェイシャルやボディケアなどでお客さまの美を引き出すノウハウや、心からリラックスできるサービス方法について総合的な力を身に付けます。座学では皮膚学や栄養学、化粧品学、衛生管理などについて学び、お客さまの疑問にもわかりやすく答えられる知識を習得していきます。

実習ではエステティック技術に加えて、挨拶、マナー、立ち振る舞いまでトータルに学びますが、これらはすぐに現場で活かせるものばかりです。エステサロンには美容効果に加えて、エステティシャンとの会話のやりとりを楽しみに来店されるお客さまもいます。心地よい接客は、次回の指名にもつながる重要なポイントになります。

おわりに

ここまで、エステティシャンになるために通う学校の情報についてお伝えしてきました。

美容業界に身を置くと決めたら、常に新しい技術の習得に努めなければ、トレンドに敏感なお客さまに心から満足いただくことはできません。エステティシャンになって活躍する自分をイメージしながら、楽しく知識を身に付けていきましょう。