読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

エステティシャンに向いている人、適性

エステティシャンは、人の肌や体を美しくするプロフェッショナルです。近年では美しさだけでなく、癒しや健康効果を求めてサロンに足を運ぶお客さまも増えています。華やかに見えるエステティシャンの仕事ですが、一体どのような資質が求められるのでしょうか。

ここでは、エステティシャンに向いている人や、適性についてお伝えします。

エステティシャンに向いている人

エステサロンには、毎日さまざまなお客さまが訪れます。人と接することが好きで、誰かのために一生懸命になれる人はエステティシャンに向いています。また、「若々しい肌でいたい」「ボディラインを美しくしたい」など、お客さまの悩みは千差万別です。生活リズムや環境、体質など、どれも同じお客さまはいません。エステティシャンには、一人ひとりのお客さまに親身に寄り添って、丁寧なコミュニケーションがとれる力が求められます。

エステティシャンの適性

エステティシャンになるために何よりも大切な適性は、美容に強い関心があることです。美容に関する雑誌を欠かさず買っている人や、美意識が高く、常にトレンドの美容情報を取り入れたい人にぴったりの仕事です。エステティシャンになると最先端のスキンケアグッズや美容機器をいち早く試すことができます。また、全身の施術は見た目以上に力がいるため、体力に自信がある人も適性があるでしょう。

エステティシャンの楽しさ

エステティシャンにとって、お客さまがきれいになることが何よりの喜びです。自分の技術で美を磨くお手伝いをして、喜ぶ姿を見られたときは大きな達成感を得られます。技術に満足してもらえれば長年のお付き合いになることもあり、人とのつながりを強く感じられる仕事でもあります。

エステティシャンが使う道具

エステティシャンは、施術内容に合わせてさまざまな道具を使い分けます。ハンドマッサージでは、マスク、オイル、ホワイトニング化粧品などを使います。美容機器の種類も多く、低周波で脂肪細胞に働きかける機材によって痩身を促進したり、医療レーザーで脱毛を行ったりします。

エステティシャンの求人・就職

エステティシャンの活躍の場はエステサロンをはじめ、ホテル、皮膚科の病院やクリニックと幅広い業種に広がっています。求人も多く、就職には困らないでしょう。ただし、人気サロンや待遇のいい店には、応募が集中する場合もあります。

エステティシャンを目指す方へ

エステティシャンは、美容が好きで、お客さまの「きれい」をお手伝いしたいといった思いがあればなれる仕事です。立ち仕事で体力的にハードな面もありますが、身に付けた知識を活かして、自分自身の美しさを磨くこともできます。また、開業のハードルが低いため、いつか自分の店をもつことを目標とするのもいいでしょう。

おわりに

エステティシャンはお客さまの悩みによって臨機応変な対応が求められ、大変な面もあります。しかしそれは、使用する機材や運動方法、栄養管理などについて、自分なりにベストなプランを提案できる楽しみでもあります。仕事とプライベートを割り切らず、常に美容情報にアンテナを張れる人や、お客さまの心に親身になって寄り添える人は、信頼されるエステティシャンになれるでしょう。