なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

ネイリストに必要な資格

ネイリストは、人の指先や爪を美しくデザインするアーティストです。人の肌や爪に直接触れる以上、正しい知識と技術を持って仕事に臨まなければなりません。また、お客さまからの信頼があってはじめて成り経つ仕事でもあります。したがって、ネイル業界で認知度の高い資格を取得していると、一定のスキルがある人と認められ、就職でも有利になります。

ここではネイリストに必要な資格や、その合格率などについてお伝えします。

ネイリストの資格

ネイルサロンの数が増加して、ネイルアートが多くの人に浸透するにつれて、ネイリストの志望者も増えつつあります。そんな中で多くの人から指名を受ける人気ネイリストを目指すために、資格は強い味方になります。

また、ネイリストは年齢を重ねても続けられる職業であり、「いつか自分の店を持ちたい」と考えている人もいるでしょう。独立するときには、技術の証である資格を持っていると新規のお客さまへの宣伝材料になります。

「JNECネイリスト技能検定」とは

ネイリストの資格の中で代表的なものが「JNECネイリスト技能検定」です。これはネイリストとしての正しい技術と知識の向上を目的として、1997年からスタートした検定です。ネイル業界での知名度は非常に高く、3級・2級・1級の3つの階級があります。

3級はネイルケアやネイルアートの基礎的な技術・知識について問われます。2級はネイルケア、リペア、アートなどのスキルが求められ、サロンでお客さまに施術を行う人はクリアしておきたい内容です。1級は最も難易度が高く、合格するとトップクラスのネイリストとして認められます。

「JNECネイリスト技能検定」の試験

「JNECネイリスト技能検定」は、3級・2級は年4回、1級は年2回行われ、すべての階級に実技試験と筆記試験があります。受験資格は、3級は義務教育の修了、2級は3級を合格していること、1級は2級を合格していることです。実技試験では、衛生管理や器具の扱い方まで細かく判定されます。学校で講師に苦手なところをチェックしてもらいながら精度を高めていきましょう。

「JNECネイリスト技能検定」の合格率

「JNECネイリスト技能検定」の2014年秋までの累計データにおける合格率は、3級は85%、2級は40%、1級は37%です。受験者数は右肩上がりに増えていて、ここ数年は年間6万人以上の人が受験しています。1級、2級については、プロからの実技指導がなければ合格は難しい内容と言えます。

おわりに

ネイルをきれいにしたいと思えば、自分でマニキュアを塗ることもできます。そんな中でネイルサロンを訪れるお客さまは、ネイリストにプロならではの繊細で複雑なネイル技術を求めています。

「JNECネイリスト技能検定」で求められるノウハウは、サロンで働き始めてからも使える実践的な技術ばかりです。練習を積み重ねなければ取得できない資格ですが、合格できたときにはネイリストとしての自信につなげることができるため、ぜひチャレンジしてみてください。

広告を非表示にする