読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

ネイリストに向いている人、適性

ネイリストは、年々その人気を高めている憧れの仕事です。そんな中で、ネイルが好きで、ネイルを扱う仕事に就きたいと思っても「自分にネイリストの素質があるだろうか?」と心配に思う方も少なくないことでしょう。

ここではネイリストに向いている性格や、適性についてご説明します。

ネイリストに向いている人

ネイリストの仕事は、ネイルが大好きで、ネイルのデザインを考えていると時間を忘れてしまうという人に向いていると言えます。ネイルのトレンドは目まぐるしく変わり、技術も年々進化しています。ネイリストになってからも、自主的に雑誌を読んだりセミナーに参加したりするなど、ネイルに関心を持ち続けられることが必要になるでしょう。

また、ネイリストはお客さまの指先にひとつの作品を作り上げる仕事です。日頃から美しい花々や優れた芸術作品などに触れる機会を持って、色彩・デザイン感覚を養っていく必要もあります。

ネイリストの適性

ネイリストはとても細かい作業が多い仕事です。甘皮の処理中に手先がぶれるとお客さまにケガを負わせてしまうかもしれませんし、ネイルアートはほんの小さなゆがみでも一気に完成度が下がってしまいます。細かい作業が好きで、長時間でもこなせる人はネイリストの適性があると言えます。また、毎日さまざまなお客さまと接するため、気配りやコミュニケーション能力も求められます。

ネイリストの楽しさ

お客さまに自分が提案したデザインを気に入ってもらえることや、完成したネイルに満足してくれることがネイリストの喜びです。お客さまの中には、結婚式などの大切な用事を控えた人も多くいます。介護施設へボランティアに出向き、高齢者に爪のケアをして笑顔になってもらうこともできます。ネイリストは、お客さまの人生の1ページを美しく飾るお手伝いができる仕事です。

ネイリストが使う道具

「ネイルケア」では、フィンガーボウルやキューティクルニッパー、プッシャー、クリームなどを使います。「ネイルカラー・ネイルアート」では、マニキュア液、コットン、ラメ、ストーンなどを使います。使用する道具の衛生面にまでしっかり気を配ることも、ネイリストの大切な仕事です。

ネイリストの求人・就職

ネイリストの就職先で最も一般的なところは、やはりネイルサロンです。美容院や結婚式場、スパ、エステティックサロンなどと併設されているネイルサロンもあります。大手のチェーン店から個人経営の小規模な店舗まであるため、客層や店の雰囲気もそれぞれ異なります。将来的にどのようなネイリストを目指すのか、理想とするイメージを持って就職先を選びましょう。

ネイリストを目指す方へ

ネイリストに興味がある人は、ネイルのデザインを考えることが好きな人や、すでに自分でアートを楽しんでいる人が多いと思います。これからプロとしてお金をいただく立場を目指すには、より一層勉強することが欠かせません。しかし、好きなことを仕事にできて、お客さまに「ありがとう」と言葉をかけてもらえたときには、きっと自分を誇らしく思えることでしょう。

おわりに

ネイリストは働き方の自由度が高い点も魅力です。ネイルサロンでの安定した働き方はもちろん、コンテストで入賞してフリーランスとして活躍したり、サロンのオーナーになったりできる可能性もあります。

また、日本人のネイリストは海外でも高い評価を受けています。「憧れの国で自分のサロンを開く」といった夢を持つのもいいでしょう。