読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

メイクアップアーティストに向いている人、適性

メイクアップアーティストは、その仕事の専門性の高さから、「特に向いている人」が存在します。向いている人の資質や適性などを把握すれば、自分の欠点に気付くことができ、正しい努力の方向性を見出すことにつながるでしょう。

そこで今回は、メイクアップアーティストに向いている人や適性などについてご紹介します。

メイクアップアーティストに向いている人

メイクアップアーティストとして活躍するには、骨格や肌の状態、ファッションなどから、その人にぴったりなヘアメイク・メイクアップの方法を見出す必要があります。時には、最新の流行に沿ったヘアメイク・メイクアップも求められることでしょう。

そのため、美容やファッションへの興味が強い方は、メイクアップアーティストに向いていると言えます。日頃から最新の流行をチェックし、新しい情報・スキルを身に付ける姿勢が大切になります。

また、周りに「センスが良い」といったイメージを与えることができれば、メイクアップアーティストとしての評価が高まる可能性があります。したがって、自分の身だしなみに細かくこだわることができる方も、メイクアップアーティストに向いていると言えます。

メイクアップアーティストの適性

メイクアップアーティストには、ヘアメイク・メイクアップの技術だけでなく、コミュニケーション能力も求められます。特にフリーランスとして働く場合には、人脈を広げるために、高いコミュニケーション能力が必要になってくるでしょう。具体的には、「知らない人とも上手に会話できる人」が好まれるとされています。

また、メイクアップアーティストは立ちっぱなしで仕事をすることが多く、就職先によっては労働時間が不規則になることもあります。そのため、「体力」も必要な能力のひとつと言えるでしょう。

メイクアップアーティストの楽しさ

メイクアップアーティストとして働く方の多くは、「自分の技術によって人がきれいになること」に楽しさを見出しています。特にテレビや舞台、映画などに関われば、「ひとつの作品を一緒に作っている」といった気持ちになることができ、さらに満足感を得やすくなるでしょう。

また、結婚式や成人式など、特別な機会にメイクアップアーティストにメイクを依頼する一般の方は多く見られます。そのような仕事を上手にこなせば、「人の役に立っている」ことをより強く実感することができるでしょう。

メイクアップアーティストが使う道具

メイクアップアーティストとして働いている方々は、さまざまなメイクアップ道具を持っています。ここでは、ほとんどのメイクアップアーティストの方が持っている基本的な道具をいくつかご紹介します。

1つ目は「ブラシケース」です。肌質や化粧品などによって、ブラシを使い分ける必要があるため、ほとんどの方はブラシケースにブラシをまとめて収納しています。また、ブラシケースに何種類ものパフを収納している方も少なくありません。

2つ目は「コスメ」です。口紅やファンデーションは人によって使用する色を変えるため、さまざまなカラーのコスメを持ち歩いています。

3つ目は「メイクブラシベルト」です。メイクブラシベルトとは、腰につけるタイプのブラシケースのことであり、立ちながら作業をする際に重宝される道具です。

メイクアップアーティストの求人、就職

メイクアップアーティストは、未経験者歓迎の求人が多い傾向にあります。アルバイト・パート・派遣社員・正社員など雇用形態はさまざまであり、就職先によって仕事内容も多岐にわたります。待遇面にも違いが見られるため、就職先を探す際には、細かい情報までチェックすることを心がけましょう。

就職に関しては、専門学校の在学中に就職活動をしている方が多く見られます。また、卒業後に数年アシスタントとして働き、その後にプロダクションなどの正社員を目指すといった方も見られます。

メイクアップアーティストを目指す方へ

メイクアップアーティストの知識・スキルは、専門学校に通っている間だけでなく、自宅などで日頃から磨くことができます。メイクアップアーティストとして高く評価されたい方は、自分や友達のファッションなどにも目を向け、普段から美的センスを磨く努力を続けると良いでしょう。

また、フリーランスや正社員など、メイクアップアーティストにはさまざまな働き方があります。目指す道によって努力の方向性も変わってくるため、実際に行動を始める前に、将来の夢を実現するための計画を立ててみましょう。

おわりに

ここまででご紹介した適性に当てはまらなかった方でも、今後の努力の方向性によっては、メイクアップアーティストへの道は必ずひらけます。そのため、早い段階で諦めることはせず、まずはこれから行うべき努力について考えてみましょう。