読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

臨床工学技士の仕事とは?

臨床工学技士

臨床工学技士は、医療機器の操作や保守点検を行う専門職であり、医学の長い歴史の中では、比較的新しい職種と言えます。当初は、人工透析分野で助手が必要となったことがきっかけで誕生しましたが、現在では、さまざまな分野で医療機器の高度化・複雑化が進んでいるため、人工透析に限らず幅広い分野の医療機器を扱っています。

ここでは、医療機器のスペシャリストとして活躍する臨床工学技士について、仕事内容や年収をご説明します。

臨床工学技士とは

臨床工学技士は、医師の監督・指示の下に医療機器の操作を行い、保守点検を実施する医療機器のスペシャリストです。

医療専門職でありながら、医学だけでなく工学の知識と技術も身に付けていることが特徴であり、近年の医療機器の高度化に伴い、ますます必要性が高まっています。高度で複雑な医療機器の安全を守り、巧みに使いこなす臨床工学技士は、医療機器の取り扱いにおいて責任ある重要な役割を担っており、医師や看護師など他の医療専門職からも頼られる存在です。

臨床工学技士の仕事内容

臨床工学技士は、医療機器の操作や保守点検を行うとともに、他の医療専門職が医療機器の操作を正しく習得できるようにサポートします。

臨床工学技士が操作する医療機器は幅広い分野にわたりますが、その代表的なものとして、人工呼吸器や体外循環装置、血液浄化装置など、人の呼吸・循環・代謝を代行する生命維持管理装置が挙げられます。病棟や外来だけでなく、手術室や集中治療室において、医療機器の操作や管理を行うこともあります。

保守点検に関しては、就職先が所有する医療機器を全般的に管理しています。例えば、総合病院の所有する医療機器は、種類にして数百単位、個数では数千単位ということが多く、それらすべてが安全に使用されるように、責任を持って仕事をしています。

また、医療現場では臨床工学技士以外の医療専門職にも医療機器を操作する機会がありますが、その場合でも安全に使えるよう、医療機器の操作に関する研修を行うことが義務付けられています。このような研修を開き、現場の医療専門職に操作を指導することも、臨床工学技士の大切な役割です。

臨床工学技士の年収

年収は地域や就職先によって差がありますが、初任給で年収300万円前後、平均年収では400〜600万円程度になることが一般的です。経験や能力に応じて昇給するため、年収700〜1,000万ほどの給与も夢ではありません。

病院に比べると、クリニックに勤める臨床工学技士の年収が高い傾向にあります。また、人工透析装置のように操作が難しい機器を取り扱う臨床工学技士は、手当が付くなど待遇が高くなるケースもあります。

おわりに

臨床工学技士は、自分自身が高度な医療機器を操作するだけでなく、他の医療専門職が安全に正しく操作できるように保守点検や指導を行うなど、医療機器に関する幅広い役割を担っています。医療現場を支える重要な仕事であると言えるでしょう。

広告を非表示にする