なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

救急救命士の仕事とは?

人の命に深く関われる職業は、あまり多くはありません。そんな数少ない職業の中でも、ケガ人や病人の命といち早く向き合えるのが救急救命士です。

では、救急救命士とは具体的にどのような仕事を行うのでしょうか?ここでは、救急救命士の仕事内容や年収についてご紹介します

救急救命士とは

救急救命士とは、救急車に同乗して救命処置を行う職業です。病院に着くまでの間に救命処置を行い、患者さんの命を救います。救急車には何人かの救急隊員が乗りますが、将来的にそのうちの1人は救急救命士になるように目標設定がされています。

もともと救急車に乗りあわせる救急隊員は、患者さんに対して一切の医療行為ができませんでした。しかし、平成3年に救急救命士法ができたことにより、救急救命士であれば一定の医療行為ができるようになりました。救急救命士の増加を目指して積極的に動いている自治体も多くあり、今後も需要は増えていくと考えられています。

救急救命士の仕事内容

救急救命士の主な仕事は、救急車に乗って患者さんに救命処置を施すことです。救命処置とは、患者さんに命の危険がある場合、それ以上病気やケガの状態が悪化しないようにする処置のことです。本来は看護師のみが行えるものですが、救急救命士の場合はこれを行うことができます。

なお、救命処置の中には特定行為と呼ばれるものがいくつかあり、これを行うときには医師の指導が必要になります。救急の現場には特定行為の質を保つためのメディカルコントロールというシステムがあり、それを通じて医師から指導を受け、処置にあたります。

待機時間には、救急車の中の機器を整備したり、事務仕事をしたりします。小学校などに応急処置の仕方を教えに行く仕事もあります。また、出動が少ない地方では、救急救命士が消防士の仕事も行うケースも見られます。

救急救命士の年収

救急救命士は地方公務員です。そのため、その地域の地方公務員の給与が支払われます。総務省が平成24年度に行った「地方公務員給与の実態」では、地方公務員の平均給与は月額およそ40万円、年収にすると480万円ほどになっています。

また、地方公務員のため、年に1度昇給があります。昇給の金額は地方によって違いますが、月額8,000円ほどのケースが多くなっています。非常にハードな仕事ではありますが、寮が用意してあったり、保険も専門的なものに安く加入できたりと、待遇は充実しています。

おわりに

救急救命士の仕事は、人の命を救える素晴らしいものです。救急救命士の処置によって、患者さんの命が助かることも少なくありません。大変な仕事ではありますが、その分やりがいや安定性もあります。

広告を非表示にする