なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

救急救命士の専門学校・大学・短大

救急救命士は人の命を預かる仕事です。そのため、専門的な知識や技術を学んだ人でなければ、救急救命士として働くことはできません。救急救命士になるには、必要な知識を学べる学校に通って勉強することが効果的な方法です。

では、救急救命士の学校にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは救急救命士の学校や学費、勉強の内容についてご紹介します。

救急救命士の専門学校・大学・短大

救急救命士を目指すための学校には、大学や短大、専門学校などがあり、主に大学と専門学校が多くなっています。救急救命士になるには、これらの学校で2年以上勉強し、救急救命士の国家試験を受けて合格する必要があります。

救急救命士は公務員であるため、給与や出世を決める上で、学歴も重要な要素となります。そのため、大学で救急救命士の勉強をしておけば、就職後も比較的優遇されるでしょう。

ただし、大学では4年間勉強しなければなりません。1日も早く資格をとって働きたいのであれば、早めの資格取得を目指せる専門学校が向いています。専門学校の数は多くはありませんが、主要都市を中心に、いくつか救急救命士の勉強ができるところがあります。

救急救命士の学費

救急救命士としての勉強をするための学費は、大学と専門学校で違ってきます。救急救命士の勉強ができる大学はほとんどが私立大学で、学費は年間でおよそ130万円前後から200万円前後です。

専門学校の場合は、年間100万円から180万円ほどになっています。夜間の場合は昼の部よりも少し安めに設定されています。

4年間通うため、学費の総額は大学の方が高くなりますが、その分じっくりと勉強できるのが特徴です。学費支援の制度を設けている学校もあるため、経済的に厳しいようであれば、こういった制度が充実している学校を選ぶといいでしょう。

救急救命士の勉強

救急救命士の勉強は、基礎分野と専門基礎分野、専門分野に分かれています。基礎分野では生物学や化学、消防学など、救急救命士として働く上で必要になる基礎的な知識を身に付けます。専門基礎分野では、解剖学や生理学など、医療に携わる人間に求められる知識を学びます。

専門分野では、救急救命士が現場で必要とする知識や技術を勉強します。救急救命士の法律や救急処置の仕方のほか、現場を想定した実習も行います。消防官試験を想定して、消防官に必要なトレーニングを授業で行う学校もあります。また、ほとんどの学校で救急救命士の国家試験に合格するための対策授業を行っています。

おわりに

命の現場の最前線で活躍する救急救命士には、専門的な技術や知識が求められています。しかし、しっかりと学校で勉強していれば、救急救命士の国家試験に合格するのは難しくありません。コツコツと勉強して、たくさんの方を助けられる救急救命士になってください。