読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

看護師の専門学校・大学・短大

看護師

看護師として働いている方は、看護師の専門学校や大学、短大を卒業しています。看護師の国家資格を取得するためには、看護師の専門学校や大学、短大を出ていることが条件になっているからです。

ここでは、看護師になるための専門学校・大学・短大について、学費や勉強内容などをご紹介します。

看護師の専門学校・大学・短大

看護師になるための勉強ができる門学校や大学、短大は、1997年以降、1年に10校ほどのペースで増え続けています。全国的に見ると数が少ない地方もありますが、東京都内になると、かなりの数の学校があります。

看護師に求められるレベルが年々高くなっていることから、入学の難易度も高くなっています。ただし、学校によって入学の難易度は違うため、自分のレベルに合った学校を選ぶことも看護師への近道です。看護学校受験のための予備校に通う方法もあるでしょう。

また、病院付属の学校もあります。病院付属の学校を卒業していれば、付属する病院への就職も有利になります。

看護師の学費

看護師になるために必要な学費は、学校によって差があります。最も高いのは私立の看護大学で、比較的安いのは専門学校となっています。ある調査では、私立大学の授業料が約400万円なのに対し、国公立の大学は200万ほど、専門学校では150万ほどです。

ほとんどの学校では奨学金の制度があるため、これを利用すれば、夢を諦めずに勉強を続けることは十分に可能です。奨学金制度にはいくつかの種類があるため、自分に合った奨学金制度がある学校を選ぶのも、学校選びのポイントの1つです。

なお、学費の高いところでは、学習内容や取れる資格が充実していたり優秀な講師が在籍していたりと、お金を払った分のメリットがあります。

看護師の勉強

看護師の学校では、基本的に看護をするための知識や技術を勉強します。体や病気の仕組み、衛生に関わることはもちろんですが、人や社会、ライフステージに関する知識も学べます。これらを身に付けることによって、医療技術だけでなく、患者さんや看護師同士での円滑なコミュニケーションができるようになります。

また、看護師の学校では、実際の病院で実習も行います。患者さんと触れ合って実習を行うことにより、より深く現場を知ることができます。予期しないことが起こる可能性も十分にあり、そういった現場で得る経験が、看護師になったときに役立つのです。

おわりに

看護師の学校を選ぶときには、自分に合った学校を選ぶことがポイントです。どういった勉強をしたいのか、どのくらいの学費なら支払えるのかなど、総合的に判断して学校を選ぶようにしましょう。

広告を非表示にする