なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

診療放射線技師に向いている人、適正

診療放射線技師になりたいけれど、自分でもなれるか不安」という方もいらっしゃるでしょう。では、一体どのような人が診療放射線技師に向いているのでしょうか?

ここでは、診療放射線技師の適正についてご紹介します。

診療放射線技師に向いている人

診療放射線技師に向いているのは、知的好奇心が旺盛な方です。医療の現場は日々進化しており、機器などもどんどん新しいものに変わっていきます。こうした変化に対応し、新しい知識を身に付けていくことが好きな方であれば、診療放射線技師の仕事は毎日楽しいものになるでしょう。

診療放射線技師の適性

診療放射線技師の扱う機器は危険なものが多く、一歩間違えると大事故にもつながりかねません。こうした機器を扱うには、常に冷静で慎重な姿勢が求められます。同時に、高い注意力や集中力も要求されます。

また、診療放射線技師も看護師や医師と同様、患者さんと接する仕事です。検査を受ける際に、「何をされるのだろう」という不安を抱えている患者さんは大勢います。患者さんの不安を取り除いてあげられる、コミュニケーション能力も必要です。

診療放射線技師の楽しさ

診療放射線技師として働く楽しみは、自身の技術の変化を日々感じ取れることにあります。診療放射線技師の世界では、同じ機器を使っていても新人とベテランでは画像に差が出ます。毎日撮影しているうちに、どのようにしたら医師が診断しやすいのかがわかってきて、技術が向上していくのを実感できるのです。

診療画像は、医師が病名や病気の原因を特定するのに使うとても大切なものです。医師や看護師に比べれば患者さんと接する機会は少なくなりますが、縁の下の力持ちとして活躍できるのも診療放射線技師の仕事の楽しさでしょう。

診療放射線技師が使う道具

診療放射線技師が使う道具には、放射線を使用する機器と使用しない機器があります。放射線を使用するもので代表的なのは、胸部や骨を撮影するX線、人体を輪切りで撮影できるCTなどです。使用しない機器には、磁気と電波で人体の輪切り撮影ができるMRIや、軟部組織を検査する超音波検査などがあります。

こういった機器の使い方は、専門学校や大学などの実習で学びます。

診療放射線技師の求人、就職

診療放射線技師の主な就職先は、病院やクリニックなどです。病院以外にも、医療機器や医薬品を作ったり販売したりする企業に就職することもできます。こういった企業では、主に機器の共同研究や開発、販売先への説明などの仕事を担当します。

診療放射線技師を目指す方へ

診療放射線技師は、患者さんに直接治療をする仕事ではありません。しかし、患者さんの病気の原因を突き止める手助けができる、とても重要な役割を持った仕事です。

常に勉強していくことが必要ですが、やればやるほど自分の力となっていき、やりがいがあります。スキルアップを実感したいという方には、最適の仕事と言えるでしょう。

おわりに

診療放射線技師は決して簡単な仕事ではありません。しかし、だからこそ大きなやりがいがあります。日々コツコツと勉強し、腕を磨いていくことが大切です。