読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

栄養士の専門学校・大学・短大

栄養士を目指すのであれば、専門学校・大学・短大の情報を事前に収集しておく必要があるでしょう。学校によって学費やカリキュラムなどは異なるため、しっかりと比較した上で学校を選ぶことが大切です。

ここでは、栄養士の専門学校・大学・短大についてご紹介します。

栄養士の専門学校・大学・短大

栄養士の学校を選ぶ際には、卒業後にどのような働き方をしたいのかについて考えることが大切なポイントとなります。例えば、栄養士として早く働き始めたい場合には、大学よりも早く卒業することができる専門学校・短大を選ぶことが望ましいでしょう。

また、最終的に「管理栄養士」を目指す場合には、特に学校選びにこだわることが必要となります。管理栄養士の国家試験を受けるには、「栄養士になるための学校に通った年数+実務経験の年数が合計5年間以上であること」、または「管理栄養士になるための学校を終了すること」が必要になるためです。栄養士になった後のことも考慮し、学校を選ぶようにしましょう。

栄養士の学費

栄養士を目指す学校の初年度納入金は、68〜200万円前後とされています。学校によっては大きく学費が異なることもあるため、学費をしっかりと比較した上で学校を選ぶことが大切です。

また、栄養士の専門学校・大学・短大を卒業するには、少なくとも200万円以上が必要になるとされています。学校によっては奨学金制度が用意されているケースが見られるため、奨学金のことも踏まえながら自分に合った学校を選びましょう。

栄養士の勉強

栄養士の専門学校・大学・短大の授業では、単に栄養のことだけを学ぶわけではありません。衛生学や給食管理、解剖生理学など、さまざまな内容を学ぶことになります。学校によって用意されているカリキュラム・授業内容は異なるため、自分の将来像を意識して学校を選ぶようにしましょう。

医療系の栄養士を目指すのであれば、高血圧・糖尿病などの病気に対する食事療法について学ぶ「臨床栄養学」は欠かせません。スポーツ分野での栄養指導を目指すのであれば、「運動生理学」などで体の機能と健康の関係を学んでおくことが必要になるでしょう。自分にとって必要なスキル・知識が学べる学校かどうかについて、事前にしっかりと調べておくことが大切です。

おわりに

ここまで、栄養士の専門学校・大学・短大について紹介してきました。

学校によって学費や授業内容などが異なるため、栄養士を目指す場合には将来を意識して学校を選ぶことが大切になります。それぞれの学校の特徴を細かく比較し、自分にぴったりな学校を見つけていきましょう。

広告を非表示にする