読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

栄養士に向いている人、適性

栄養士は、食生活から人々の健康をサポートする、いわば食と健康のエキスパートと言える存在です。では、どのような性格・スキルを持っている人が栄養士に向いているのでしょうか。

ここでは、栄養士に向いている人や適性についてご紹介します。

栄養士に向いている人

栄養士は人々の食生活に携わる職業であるため、料理や健康に興味を持っている方は、栄養士に向いていると言えます。料理や健康への興味が強ければ、日々の勉強に集中して取り組みやすくなるでしょう。

また、就職先によっては、お年寄りや子どもなど幅広い年齢層の人たちと、コミュニケーションを取ることになります。そのため、会話をすることが好きな人、人を喜ばせることが好きな人なども、栄養士に向いていると言えるでしょう。

栄養士の適性

栄養士の仕事は、単に食事の栄養バランスを考えるだけではありません。喜んで食べてもらえるような工夫を、料理に施すことも必要になります。

したがって、料理の味や見た目にこだわれる人は、栄養士の適性があると判断して良いでしょう。

栄養士の楽しさ

栄養士として働いている人は、栄養バランス・味・見た目などにこだわりながら、食事のメニューを考える過程に楽しさを感じています。また、職場によっては直接「おいしい」と伝えられることもあり、その言葉がやりがいにつながっているといった声も多く聞かれます。

栄養士の求人、就職

栄養士の主な就職先としては、学校・保育園などの教育機関、病院・老人ホームなどの医療福祉施設、保健所が挙げられます。多くの人に食事を提供するような機関・施設が、就職先の中心となっています。

そのほかにも、食品メーカーのような一般企業や、ドラッグストアなどで働いている栄養士も見られます。

栄養士を目指す方へ

日本は世界的に見ても高齢化が進んでいる国であり、お年寄り向けメニューの必要性が増すなど、栄養士は今後ますます必要性が高まる職業であるとされています。「人の健康をサポートしたい」と感じている人であれば、やりがいを持って栄養士として働くことができるでしょう。

また、栄養士として身につけたスキル・知識は、自分や家族の健康にも役立てることができます。このような点も、栄養士という職業の大きな魅力と言えるでしょう。

おわりに

ここまで、栄養士に向いている人や適性について紹介してきました。

栄養士は人の健康をサポートすることが仕事であるため、やりがいや楽しさを見出しやすい職業と言えます。また、栄養士として身につけたスキル・知識は、退職した後にも私生活に活かすことができるでしょう。

広告を非表示にする