読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

声優の仕事とは?

歌手活動や舞台演劇活動、テレビなど、日本では多方面で活躍する声優の姿が多く見られるようになりました。アニメやゲームに携われるという部分に魅力を感じ、「声優になりたい」と考えている高校生の方も多いのではないでしょうか。

ここでは、仕事内容や年収など、声優という職業の実態についてご紹介します。

声優とは

映像作品・音声作品において、声のみの出演をしている俳優のことを声優と言います。日本の声優の歴史は1925年に始まったとされており、当初の声優は専門職ではなく、有名な女優・役者の方などが声優の仕事をこなしていました。

日本で「声優」という名称が使用され始めたのは、1940年代に入ってからのことです。洋画やアニメなどがテレビで放送されることが増えていき、それに伴って声優という職業が一般的に認識されるようになりました。

その後日本では、洋画やアニメの影響によって第1次声優ブーム(1960年代)、第2次声優ブーム(1970年代後半)が巻き起こります。現代のように、声優の方が多方面(アイドル活動など)で活躍し始めたのは、1990年代中頃の第3次声優ブームであるとされています。

声優の仕事内容の変化に伴って、アイドルのような仕事をこなす声優は「アイドル声優」、音楽活動に力を入れている声優は「アーティスト声優」と呼ばれるようになりました。ほかにも、ラジオやゲーム、公共交通機関のアナウンスなど、現代の声優はさまざまな業界で活躍しています。

声優の仕事内容

声優の主な仕事内容としては、「吹き替え」を挙げることができます。吹き替えとは、まだ音声が入っていないアニメや洋画の映像に合わせて、セリフなどを入れる作業のことです。吹き替えは録音スタジオで行われることが多く、映像を見ながらタイミング良く声を吹き込んでいきます。

吹き替えの作業が終わったら、監督やエンジニアなどがすぐに音声をチェックします。セリフに問題が見つかった場合、雑音が入っていた場合などは、再び吹き替え作業に戻ることもあります。

声優の年収

声優の年収は、人によって大きな差があると言われています。30分枠の番組での収入を例に挙げると、1本で15,000円前後が最低ラインとされていますが、中には1本で45,000円前後のギャラ(仕事の単価)を受け取っている声優の方も見られます。

アニメや映画の吹き替えの場合には、声優としての「ランク」によって仕事のギャラが変動するとされています。声優のランクは、主にキャリアや活躍の度合いなどによって決められています。

テレビやラジオなど、多方面で活躍した場合には、所属事務所などから給料が別に支払われるケースが多くなっています。なお、テレビやラジオ、イベントに関しては、上記のランクによってギャラが決まるわけではありません。

おわりに

ここまで、声優の仕事内容や年収などを紹介してきました。

声優の主な仕事は吹き替えですが、第3次声優ブーム以降はテレビやラジオなど、多方面で活躍する声優の姿が多く見られるようになりました。声優を目指す場合には、将来的にどのような活動に挑戦するのかについて、しっかりと考える必要があるでしょう。

広告を非表示にする