読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

声優になるには?

声優

フリーで活動している声優の方も見られますが、全ての声優がフリーで活躍できるわけではありません。声優としての仕事を獲得するためには、将来の設計をしっかりと考えておくことが大切です。

ここでは、声優になるための方法や、声優の将来性などについてご紹介します。

声優になるには

声優になるためには、声優プロダクションに採用される必要があります。しかし、声優としてのスキル・知識が十分に備わっていない場合には、声優プロダクションに採用されることは難しいでしょう。

そのため、声優を目指す多くの方が、オーディションを受ける前に専門学校などへ進学しています。1〜2年間の勉強や実習によって声優としてのスキル・知識を身につけ、専門学校の卒業後にオーディションを受ける方法が主流とされています。

また、オーディションに合格できたとしても、初めから「正所属」として扱われるわけではありません。合格した段階では「仮所属」として扱われるケースが一般的であり、実績を積み正所属として扱われた時点で、「一人前の声優」と周りから認識されることになります。

声優の一日

声優の勤務時間は、どのような仕事を依頼されているのかによって異なります。例えば30分枠の作品であれば、3時間前後で収録が終わることもありますが、作品の長さによっては一日中収録を行うこともあります。

また、収録前には監督やプロデューサーなどと一緒に、打ち合わせをするケースが多くなっています。作品の長さによって打ち合わせの時間は異なりますが、30分枠の作品を例に挙げると、打ち合わせにかかる時間は30分〜1時間程度となります。

声優は個人によって仕事量、仕事の時間帯が異なる職業であるため、自分でしっかりとスケジュールを管理することが大切になるでしょう。

声優の将来性

声優の活躍の場は、アニメや映画の吹き替えだけではありません。テレビやラジオ、ナレーションなどの仕事をこなす声優も増えてきており、今後も活動の幅が拡がる可能性は十分に考えられます。

また、声優という職業では、「年齢を重ねること」が必ずしもデメリットになるわけではありません。例えば、加齢によって声の質が変われば、演じることができる役の幅が拡がる可能性もあるでしょう。中には、30代から活躍し始めたような声優の方も見られます。

声優の服装

声優という職業では、特に望ましいとされている服装はありません。外見よりもスキル・声の質などが重視される職業であるため、収録に私服で向かっても基本的に問題はありません。

ただし、派手すぎる服装や奇抜な服装を選んでしまうと、監督やプロデューサー、共演者などに良くない印象を与えてしまう恐れがあります。仕事に集中することができ、周りに不快感を与えないような服装を選ぶことが大切です。

テレビやイベントなどに出演する場合には、あらかじめ衣装が決められていることもあります。なお、この際には打ち合わせの段階で、衣装について話し合うことになるでしょう。

おわりに

ここまで、声優になるための方法や、声優の将来性などについて紹介してきました。

声優になる方法としては、専門学校を卒業した後にオーディションを受ける方法が主流と言えます。今回紹介した情報を参考に、自分の将来について考えてみましょう。

広告を非表示にする