読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

声優の専門学校・大学・短大

声優

声優を目指している方の多くは、オーディションを受ける前に専門学校・大学・短大へ進学しています。しかし、全国にはさまざまな専門学校・短大・大学があるため、進学先で悩んでいる方は少なくありません。

ここでは、声優の専門学校・大学・短大それぞれの特徴や、学費などについてご紹介します。

声優の専門学校・大学・短大

声優の専門学校では、主に発声や呼吸法、演技などの基本的なスキルを学ぶことができます。また、中には「アニメコース」や「ナレーションコース」のように、専門的なコースが用意されている専門学校も少なくありません。

専門学校の全体的な特徴としては、声優のスキルを学ぶための授業・実習がカリキュラムの中心になっている点を挙げることができます。ただし、通学期間やカリキュラムの具体的な内容は専門学校によって異なるため、入学前にはしっかりと情報収集しておくことが大切です。

声優を目指す場合には、大学・短大の演劇学科なども選択肢のひとつとなります。ただし、大学・短大では、卒業までに声優の基礎を全て学ぶことは難しい傾向にあります。そのため、声優を目指して大学・短大に進学する方は、卒業後に再び専門学校に通うケースが多くなっています。

声優の学費

声優の専門学校の学費は、学校によって差が見られます。初年度納入金を比較すると、90万円前後の専門学校も見られますが、130万円を超える専門学校も少なくありません。また、夜間部の専門学校では、初年度納入金が55万円前後の学校もあります。

大学・短大についても学校によって差が見られますが、全体的な傾向としては、専門学校よりも学費が高くなっています。1年間にかかる学費はおよそ120〜130万円前後となっており、都心に近付くほど学費も高くなる傾向にあります。

声優の勉強

専門学校・大学・短大いずれの進学先を選んでも、最初は発声や呼吸法などの基本的なスキルを学ぶケースが多くなっています。その後のカリキュラムについては、学校によって違いが見られます。

例えば、吹き替えなどの実習を中心的に行う学校もありますし、声優としての基礎的な練習を卒業まで続ける学校も見られます。そのため、自分の最終的な目標を意識し、その目標を達成しやすいような学校を選ぶことが大切になるでしょう。

また、声優の基礎的なスキルについては、学校以外の時間帯にも勉強・練習することが可能です。声優を目指している方の中には、自宅で発音や滑舌の練習を毎日行っているような方が多く見られます。

おわりに

ここまで、声優の専門学校・大学・短大それぞれの特徴や、学費などについて紹介してきました。

専門学校・大学・短大によって、カリキュラムや学費などの傾向は異なります。学校ごとの違いをしっかりと把握し、自分が選ぶべき進学先を慎重に判断するようにしましょう。

広告を非表示にする