なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

美容師の仕事とは?

美容師の仕事は、ヘアカットなどの施術によってお客さまの髪を整えることです。私たちの生活に身近な職業であるため、美容師に憧れる高校生の方も多いのではないでしょうか。美容師は国家資格を持つスペシャリストであり、お客さまとのカウンセリングから要望を形にしていく接客業でもあります。

ここでは、そのような美容師の仕事内容や年収について詳しくご紹介します。

美容師とは

美容師とはお客さまの要望に応じて、カット・カラー・パーマ・シャンプー・トリートメントなどを行い、ヘアスタイルを美しく整える職業です。美容師の就職先は美容室が中心となっており、ヘッドスパやウィッグのカット、まつ毛エクステンションなど、多様なニーズに応える美容師が増えてきています。

そのほかにも知識や技術を活かして、メイクアップ・アーティストやブライダル・コーディネータなどに転職する人も見られます。常にトレンドに関心を持って、日々進化していく技術を学んでいく姿勢が必要になる職業と言えるでしょう。

美容師の仕事内容

美容師はキャリアを重ねるにつれて、仕事の内容が大きく変わる職業です。就職すると、まずは受付や掃除などのアシスタント業務を行う下積み期間があります。お店の営業開始前に掃除を済ませて、営業終了後に技術練習や勉強会をするため、特に下積み期間の間は体力が求められます。徐々に仕事に慣れてくると、スタイリストのヘルプとしてシャンプーなどを担当できるようになります。

技術が認められてスタイリストになると、お客さまに対するカウンセリングや施術のほか、アシスタントへの教育などの重要な仕事を任されます。ほかにもヘアショーに出演したり、宣伝用のモデルにカットをして撮影したりもします。そして店長になると、スタッフの採用や売り上げの管理、イベント考案など店の経営者としての仕事を行います。

美容師の年収

美容師の平均年収は、280万円前後とされています。平均年収は特に高いわけではありませんが、歩合制のお店が多く、その人の持つカットの腕前や人気によって待遇が変わるケースが多くなっています。お客さまからの指名が絶えず、店を支えるようなトップスタイリストであれば、年収800万円を超えることもあります。

また、美容師は独立してオーナーになると、年収が大きく増える可能性があります。複数の店舗を経営するオーナーの中には、年収が2,000万円以上の方も見られます。

おわりに

ここまで、美容師の仕事内容などについて紹介してきました。

美容師は自分の技術によって、お客さまに感動を与えることができる職業です。下積み期間は体力勝負となりますが、美容に興味を持つ方であれば、下積み期間にもやりがいを感じながら仕事に取り組むことができるでしょう。

広告を非表示にする