読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

歯科衛生士の仕事とは?

歯科衛生士は歯や口腔内の健康のエキスパートであり、患者さんに寄り添って、歯や口の健康をサポートする職業です。歯の治療中に歯科衛生士に優しく声をかけてもらい、リラックスできた経験はありませんか。治療の際に患者さんを安心させることも、歯科衛生士の大切な仕事のひとつです。

ここでは、そのような歯科衛生士の仕事内容や、年収などについてご紹介します。

歯科衛生士とは

歯科衛生士とは、歯科医の指導のもとで歯の診療補助や虫歯の予防指導を行い、患者さんの口腔内の健康をサポートする職業です。歯科医は複数の患者さんを同時に診ることもあるため、全ての患者さんの相談に応えられない場合もあります。そのようなケースでは、歯科衛生士が一人一人の患者さんの声にしっかりと耳を傾けることになります。

また、歯科衛生士は国家資格により、歯科診療や薬の専門知識を備えている人材であることが認められています。したがって、患者さんの歯石の除去や、口腔内に薬剤を塗るといった治療面においても、患者さんの歯や口腔内の健康を支えています。歯科診療所には歯科助手という職業の方も見られますが、歯科助手は公的資格が必要ない職業であり、患者さんに対して医療行為をすることはありません。

歯科衛生士の仕事内容

歯科衛生士の仕事内容は、主に3つに分けられます。1つ目は「歯科診療の補助」です。歯科医による治療の前に患者さんの口腔内をチェックしたり、カルテを見ながら治療のサポートをしたりします。ほかにも医療器具のセッティング、減菌や消毒、診療器具の受け渡しなど、さまざまなサポートが仕事内容に含まれます。

2つ目は「歯科予防の処置」です。歯垢や歯石などの口の中の汚れを取り除き、薬でコーティングすることによって、患者さんの虫歯や歯周病を未然に防ぎます。

3つ目は「歯科保健の指導」です。口の中の健康を保つには、日頃の正しい歯みがき習慣が欠かせません。歯科衛生士は患者さん一人一人の癖を見ながら、歯ブラシの角度や力の入れ具合などを指導していきます。

歯科衛生士の年収

歯科衛生士の平均年収は、350万から450万円程度とされています。歯科衛生士の就職先には大きな病院や小規模なクリニックなどがあり、給料などの待遇は各医療機関によって異なります。

歯科衛生士の年収はキャリアに応じて昇給していくため、勤続年数が増えるにつれて年収も増える傾向にあります。

おわりに

ここまで、歯科衛生士の仕事について紹介してきました。歯科衛生士は直接患者さんと接して、生活習慣から患者さんの口腔内の健康を支える職業です。歯や口の健康を保つことは、体全体の健康づくりとも密接に関わっています。病気を未然に防ぐ「予防医療」に注目が集まるなか、歯科衛生士はこれからますます社会的に重要な役割を担うでしょう。

広告を非表示にする