読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

歯科衛生士に向いている人、適正

歯科衛生士

これから歯科衛生士について学んでいく中で、事前に人材としての自分の魅力や欠点を知っておくことは大切です。自分の欠点については、これからの努力の方向性によっては、改善できる可能性もあるでしょう。

ここでは歯科衛生士の適性や、仕事の楽しさについてご紹介します。

歯科衛生士に向いている人

歯科診療所には、毎日子供からお年寄りまで幅広い年代の患者さんが来院します。歯科衛生士には、患者さんの年齢や体調に合わせた気配りが求められます。

また、歯の治療は痛みを伴う可能性もあります。そのようなケースで患者さんの緊張を和らげ、安心感を与えられる温かみのある人は向いていると言えるでしょう。

加えて、清潔感があることも大切な要素です。髪や服装はもちろん、診察室や器具の衛生面まで整えることができる几帳面さが求められます。

歯科衛生士の適性

歯科衛生士は、患者さんの口腔内の歯石を取るような細かい作業を行います。そのため、手先が器用であり、細かい作業が苦にならない人は適性があると言えるでしょう。

また、器具や薬品を扱う医療現場において、気の緩みは大変な事故を招いてしまう恐れがあります。診療時間の間は、常に集中力を保つことが必要になるでしょう。

歯科衛生士の楽しさ

歯科衛生士は直接患者さんと接して、口腔内の健康をサポートすることができます。痛みを訴えて辛そうにしていた患者さんが、治療後に元気な姿になった時には、大きな充実感を得ることができるでしょう。

また、歯科衛生士が患者さんから直接感謝の言葉を伝えられることもあります。患者さんの感謝の気持ちを実感することができれば、やりがいを強く感じられるでしょう。

歯科衛生士が使う道具

歯科衛生士は治療で多くの道具を扱いますが、特に歯科用ピンセットや口腔内を見る鏡、虫歯の深さをチェックする針などは、毎日使う道具となります。ほかにも、歯みがき指導をする時には、歯の状態に合わせて奥歯用歯ブラシやデンタルフロスを使います。

歯科衛生士の求人・就職

歯科衛生士の就職先としては、歯科診療所が多くなっています。歯科診療所は全国各地に数多くあるため、求人が安定している傾向にあり、希望するエリアの就職先も探しやすいでしょう。

そのほかの就職先としては、総合病院や保健所、医療機器メーカーなどが挙げられます。

歯科衛生士を目指す方へ

歯科衛生士は国家資格であり、一度合格すれば生涯有効な資格となります。結婚や出産で一旦退職し、子育てが一段落した後にも、もう一度働き始めることが可能です。

共働きが増えている現代において、正社員・非常勤・集団検診への応援など、その人の生活スタイルに合わせて働き方を選ぶことができる点も、歯科衛生士の魅力と言えるでしょう。

おわりに

ここまで、歯科衛生士の適性や楽しさなどについて紹介してきました。

歯科衛生士は患者さんに「ありがとう」と言ってもらえる機会が多い素敵な職業です。コミュニケーション力や技術の素質も大切ですが、「患者さんのために役に立ちたい」と熱い思いを持っている人であれば、やりがいを感じながら働き続けることができるでしょう。