読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

調理師の仕事とは?

調理師

調理師は、レストランやホテル、結婚式場などで料理を作る仕事です。調理師はお客さまに喜ばれる料理を作ることがメインの仕事ですが、実際にはそれだけでなく、食材の仕入れや新しいメニューの提案、コストの計算など、調理に関わるさまざまな仕事を行っています。

調理師とは

人間にとって食事をとることは、生きるために欠かせないことであり、人生を豊かにするものです。調理師とは、栄養や衛生の正しい知識を持って、美味しい料理を作ることができる「食」の専門家です。安全な調理法で調理をすることはもちろん、健康を気遣ったメニュー作りをしたり、華やかな盛り付けでお皿を飾ってお客さまの目を楽しませたりもします。

資格がなくても調理の仕事はできますが、調理師は食の道を究めるためのスタートラインです。食の世界は幅広く、活躍の場はレストランやカフェ、食品メーカーの開発、学校の給食室などさまざまにあります。

調理師の仕事内容

調理師は、料理を作ることが主な仕事ですが、一人前になるまでは就職先の飲食店で下積みをします。一般的には先輩の指示に従い、調理場の掃除・食材運び・盛り付け・配膳などを行います。見習いの間は朝の準備から夜の片付けまで担当することになり、非常にハードな生活になります。

しかし、これは調理師を目指す人なら誰もが通る道です。仕事に慣れながら先輩の調理動作を覚えていきましょう。その後、徐々に食材を扱えるようになり、一人前と認められれば、食材の仕入れや新しいメニューの提案などを任されるようになります。

個人経営の店では、調理師が仕入れから売り上げ管理までひとりで行うこともありますが、大規模なホテルやレストランの場合、調理作業を分担して料理を作ります。周りの人とうまく連携をとることも大切な仕事です。

調理師の年収

調理師の年収は、30歳で300万円前後です。多くの場合、調理師の下積み期間は給与が低めです。ただし、実力をつけて自分の店を持つことができれば、売り上げ次第で平均年収を大幅に超えられる可能性もあります。

また、大きなホテルや規模が大きい企業などの場合、福利厚生も整っていて、経験を積んだ分年収が上昇しやすい傾向にあります。

おわりに

ここでは、調理師の仕事について紹介してきました。

美味しい料理は人を感動させ、幸せにする力を持っています。調理師とは、自分の料理によって人を幸せにすることができるやりがいのある仕事です。食に興味があって、「いつか自分の店を持ちたい」という夢や「お客さんの笑顔を見たい」という気持ちがある人に目指してほしい仕事です。

広告を非表示にする