読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

調理師になるには?

調理師

調理師の資格は国家資格です。資格を持っていなくても飲食店で仕事はできますが、調理師の肩書きを持って働くには調理師免許の取得が必要です。近年、調理師法の改正によって、飲食店は調理師を置くように努めなければならないと努力規定が設けられました。このことからも、今後ますます調理師の需要は増えると予想されています。

ここでは、そんな調理師になるために役立つ情報をお伝えします。

調理師になるには

調理師になるには高校卒業後、調理について学べる専門学校・大学・短大に進学することが近道です。少なくとも1年以上学校に通い、調理の知識や技術を身につけます。

調理に特化した学校では、講義や実習を通して調理の基礎からサービスまで学ぶことで、就職後の実践力も養うことができます。その後無事に卒業できれば、国家試験を受験しなくても調理師免許を取得できます。

調理師の一日

調理師の就職先は幅広く、お店の規模や立場によって仕事内容が異なります。就職先がレストランか料亭か、ランチタイムはあるかどうかでも変わってきます。ここでは一般的なレストラン勤務の調理師の一日をご紹介します。

多くの調理師は、朝早くから料理の下準備をはじめます。ランチタイムの営業後、一旦店を閉めて食事を済ませ、ディナータイムの準備に移ります。営業終了後にはスタッフでミーティングをして、店内と調理場の片付けをし、一日の仕事は終了となります。

調理師の将来性

調理師の魅力のひとつに、働き方の選択肢が広いことがあります。レストランや料亭などの店舗をはじめ、病院や結婚式場、学校給食の調理師になる働き方もあります。学歴や資格よりも、料理の腕前が問われる世界ですから、夢を持って努力すれば若くして人気店のオーナーシェフになれる可能性もあります。

また、調理師免許は海外の就労ビザ取得に有利といわれます。海外では和食がブームとなっている国も多く、腕を磨いて世界で挑戦することもできます。

調理師の服装

調理師の服装は、洋食店の場合、白色でダブル仕立ての上着が一般的です。白色は熱を吸収しにくく清潔感のある色です。ダブルの服は火や熱湯でやけどをしないようにという意味があります。和食店では、お店の雰囲気に合わせた和風の上着を着る場合が多いでしょう。

おわりに

ここでは、調理師になるために役立つ情報についてお伝えしました。

調理の仕事は、食べることや料理が好きであれば就くことができる職業です。しかし、ただ料理するだけではなく、どうしたらもっとお客さまに喜んでもらえるかを追及し、技術を磨いていく努力が必要になります。

広告を非表示にする