読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

調理師の専門学校・大学・短大

調理師を目指す近道は、専門学校・大学・短大に通うことです。国が定めた専門学校・大学・短大に1年以上通うと、試験を受験しなくとも調理師免許がもらえます。とはいえ、調理師学校は全国に数多くあり、どのように学校を選べばいいのか悩んでしまうかもしれません。

ここでは、調理師を目指す方へ向けて専門学校・大学・短大についてお伝えします。

調理師の専門学校・大学・短大

調理師を目指す人は、厚生労働大臣指定の専門学校・大学・短大を卒業することが一番の近道です。調理師免許は、1年以上の専門課程を学び、卒業できれば免許を取得することができます。これは学校に通うことで、一定の調理の知識・技術があるとみなされるため、国家試験を受けなくても調理師免許を受け取れます。

調理師学校は、各学校によってカリキュラムに特色があります。多くの学校では座学より実習に力が入れられていて、調理のプロから直接、指導を受けることができます。

そのため、学校の調理設備が整っているかも選ぶポイントになります。気になる学校のオープンキャンパスには積極的に参加して見比べてみましょう。

調理師の学費

調理師を目指す学校の学費は、1年制で150万円前後、2年制で300万円前後です。

学費の支払いは、分割納入や教育ローンなどで、経済的なサポートをしている学校もあります。調理師学校の特徴としては、実習で実際に食材を扱うため、学費のうち実習費用が年間50万円程度かかります。

調理師の勉強

調理師の勉強は、「食」に関わる人間として基礎になる内容です。具体的には、食文化概論、衛生法規、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、調理理論などです。調理実習では、包丁の握り方からはじまり、まず基本の切り方を学びます。徐々にステップアップしながらさまざまなレシピに挑戦していきます。

2年制のクラスでは調理師免許の取得に加えて、より高度な技術やサービス経営の知識など、就職してからも役立つ技術を身につけることができます。学校によっては「日本料理コース」「西洋料理コース」など、より専門的に技術が学べるコースが用意されていたり、在学中に調理師以外の資格を目指せたりする学校もあります。

おわりに

ここでは、調理師を目指すための専門学校・大学・短大についてお伝えしてきました。

いまや外食産業にとって美味しい料理をお客さまに提供することは当たり前の時代になりました。調理師を目指す人には、食に関する幅広い知識や、一工夫できるアイディアが求められます。

調理師学校には免許取得を目的に通うだけでなく、調理のプロになる自覚を持ち、即戦力として活かせる技術を磨いていきましょう。

広告を非表示にする