読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

調理師に向いている人、適正

調理師は、培ってきた技術と独自のセンスでお客さまを幸せにできるクリエイティブな仕事です。では、お客さまに「また食べに来たい」と思ってもらえる料理を作ったり、素敵なお店作りができたりする調理師とは、一体どのような人でしょうか。

ここでは調理師の適性について、さまざまな角度からお伝えします。

調理師に向いている人

調理師に向いているのは、料理が好きで「自分の料理で誰かに喜んでもらいたい」と強く思っている人です。一見当たり前のように思えますが、調理師の下積みの数年間は体力的にとても大変な上、失敗して先輩に怒られることも多々あります。そのようなときに、強い意志や夢を持った人であれば下積み時代の経験を成長につなげることができます。

調理師の適性

調理師の適性としては、発想力と向上心を持っていることがあげられます。発想力は、お客さまに喜んでもらえる料理の提案に欠かせません。しかし、料理の世界にゴールはなく、一度完成したメニューであっても、さらに質を上げるには向上心も大切です。

調理師の楽しさ

調理師の楽しさは、自分の思い描く料理を自由に形にできることです。その日の仕入れ状況やコスト制限の中で、どのように美味しい料理を生み出すかは調理師の腕にかかっています。

また、調理師がオリジナルの料理を作り上げるまでには、研究者のように仮説を立てて、試作を繰り返します。そのように苦労してできた料理によって、お客さまに美味しいといってもらえることが、調理師にとって何にも変えられない喜びとなるでしょう。

調理師が使う道具

調理師が使う道具には、包丁、フライパンなど基本的な調理用具はもちろん、家庭用より火力が高いオーブンや、大型の鍋などがあります。メニューによっては、スチームコンベクションオーブン(熱風・蒸気で調理ができるオーブン)などの専門器具を用いることもあります。

調理師の求人・就職

調理師の主な就職先は、ホテル、結婚式場、給食センター、食品メーカーです。数多くの飲食店が立ち並ぶ現代社会において、調理師は食の安全を支える専門家として、さまざまな分野で必要とされています。知識と技術を磨けば就職先に困ることはないでしょう。

調理師を目指す方へ

近年はあらゆる世代で健康志向が高まっており、栄養バランスや食材の扱い方など、調理師の食の知識を発揮できる場面は多いでしょう。海外の一流レストランでも日本人の調理師は多く在籍しており、活躍できるフィールドは広がっています。

おわりに

ここでは調理師の適性についてお伝えしてきました。

調理師にとって、自分の料理でお客さまに満足してもらえることは大変うれしいことです。その瞬間のために、調理師は時間の許す限り、料理の味付けや盛り付けの演出を考えます。

普段から人を喜ばせることが好きな人は調理師に向いているといえるでしょう。

広告を非表示にする