読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

臨床検査技師の仕事とは?

臨床検査技師

臨床検査技師は、医師の指示のもとで患者さんの血液や脳波などを検査する仕事です。検査結果は、医師が患者さんにとって一番いい治療法は何か、症状は重いか軽いかなどを判断する材料になる、とても重要な仕事です。

患者さんと直接対話する立場ではないとはいえ、医師の仕事を確実にサポートするという点で医療現場において重要な役割を担っています。では、臨床検査技師の実際の仕事内容はどのようなものでしょうか。

臨床検査技師とは

臨床検査技師は、患者さんの体を客観的に確認するために、血液検査・心電図検査・脳波検査などのさまざまな検査を行います。昔は医師が検査も行っていましたが、高度な検査が増えたことで、臨床検査師として専門的な役割を担う存在が必要となりました。臨床検査師は今では医療現場に欠かせません。

医師は検査で得られた情報をもとに患者さんを診断するため、臨床検査技師には常に正確な作業が求められます。また、検査データをまとめるだけでなく、病気の早期発見をすることも大切な仕事のひとつです。

臨床検査技師の仕事内容

臨床検査技師の仕事は大きくふたつに分けられます。まず、「検体検査」です。検体検査とは、患者さんの血液や痰、尿などの検体を取り検査をします。手術などで採取された細胞・組織に異常がないかを調べることもあります。

次に「生理機能検査」があります。生理機能検査は、患者さんに対して直接行う検査で、脳波や心電図などの身体機能を測定して、波形やグラフとなって現れる検査結果を分析していきます。

その他にも、患者さんへの検査内容の説明や診察の補助として採血を行うなど、病理解剖の補助を務めることもあります。

臨床検査技師の就職先は、総合病院の検査室などが一般的でしたが、最近は臨床検査センターや予防医学センター、医療・食品メーカーなど病院以外でも活躍の場が広がっています。

臨床検査技師の年収

臨床検査技師の平均年収は480万円前後です。年収は就職先の規模が大きいほど高くなる傾向にあります。大きな病院であれば待遇もよいところが多い分、求人倍率も高くなります。

臨床検査技師は、勤続年数を重ねるにつれて給与があがるケースが多く、管理職になると年収700万円以上になる人もいます。

おわりに

ここでは、臨床検査技師の仕事について紹介してきました。

臨床検査技師は、患者さんの体の状態を正確に把握するための技術と知識をもつ専門家です。国境なき医師団の参加資格としても認められており、日本にとどまらず世界で活躍する臨床検査技師も増えています。

データの分析が得意で、医療に携わりたいと思っている人にぴったりの仕事でしょう。

広告を非表示にする