なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

臨床検査技師になるには?

臨床検査技師は、一般の人にはあまり知られていない職業ですが、医療の現場では欠かせない存在です。女性が働きやすいこともあって、医療従事者の中では医師・看護師の次に人数が多い職業となっています。

ここでは臨床検査技師の具体的な仕事内容について触れていきましょう。

 

臨床検査技師になるには

臨床検査技師になるには、国家資格である臨床検査技師の資格が必要です。受験資格を得るには、高校を卒業後、臨床検査技師の養成課程がある専門学校・大学・短大で定められた科目を学ぶ必要があります。他にも獣医学系・薬学系で必要な科目を学んだ場合にも受験資格を得られます。

指定のカリキュラムを修了したら国家試験に合格して、臨床検査技師名簿に登録されることで晴れて臨床検査技師になることができます。

臨床検査技師の一日

病院に勤務する臨床検査技師の場合、医師の依頼内容をもとに患者さんから血液などの検体を取ったり、心電図検査を行ったりします。病院の混み具合は日によって異なり、救急患者が運ばれてくることもあります。臨床検査技師は、同時にいくつもの作業をこなしながら正確な検査結果を医師に報告します。

勤務時間は、医療関係の仕事の中では規則的な方ですが、業務終了後に勉強会を開いたり、資料を作成したりすることもあります。

臨床検査技師の将来性

現代の日本の医療では、病気を未然に防ぐ予防医学に力が入れられています。それに伴って、検査を行う臨床検査技師の需要は高まっています。

一方で、検査機器が発達し検査の自動化が進んだことにより、簡単な検査は機械にまかせられるようになりました。そのため今後は、細胞検査士や一級臨床検査士などの関連資格を取って専門性の高い仕事をしたり、新しい検査開発の研究職に着いたりと、仕事の領域はますます広がっていくでしょう。

臨床検査技師の服装

臨床検査技師の服装は、勤務する病院の規定によりますが、半袖タイプの白衣にズボンが一般的です。患者さんと直接、接する場面もあるため清潔感のある身だしなみが必須です。

おわりに

ここでは、臨床検査技師について詳しくお伝えしてきました。

臨床検査技師として働けるようになるには、専門学校・大学・短大の単位取得や国家試験合格など、乗り越えなければならないハードルが多くあります。しかし臨床検査技師は、検査によって病気を見つけることで人の命を救うことができます。その道のスペシャリストになって、患者さんを支える仕事がしたい方にお勧めの職業です。