なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

作業療法士(OT)の仕事とは?

作業療法士(OT)とは、病気やけがによって障害をもった患者さんに対して、日常作業や趣味の活動を通じて心身のリハビリテーションを行う仕事です。作業療法士が治療を行う対象は、体の障害だけでなく、精神障害発達障害なども含まれます。そのため活躍の場は広く、医療や福祉・介護の現場はもちろん、近年では教育・職場などでも求められている仕事です。

そんな作業療法士の仕事内容はどんなものなのか、また気になる年収についてご紹介します。

 

作業療法士とは

作業療法士とは、体に障害をもった患者さんのやりたいことやこんな風に生活したいという気持ちを叶え、社会復帰をサポートする仕事です。作業療法士は、「作業」を通じて心身の機能を高める訓練・指導をしていきます。ここでの作業とは、日常生活に関わるさまざまな動作を指します。例えばお風呂に入る、着替えをする、食事を作るなどです。

作業療法士は、患者さんの体と心を回復させて、日常生活における動作をスムーズに行えるように導いていきます。患者さん一人ひとりの状態に合わせて、無理のない訓練プログラムを考えることも作業療法士の仕事のひとつです。

作業療法士の仕事内容

作業療法士が行う訓練は、生活に関わるあらゆる作業が対象になります。

患者さんの身体機能が低下している場合は、関節の動きを滑らかにしたり、筋力を増やす訓練を行ったりします。身の回りのことが自分で行えなくなってしまった患者さんには、食事や着替え、入浴といった日常の動作や、工芸、織物、楽器演奏などの作業訓練を行うことで、生活技能を高める訓練をしていきます。

他にも社会生活への適応が難しい患者さんの職場復帰をサポートしたり、障害を持つ患者さんとレクリエーションを通じて感情表現を促したりします。

いずれの訓練も、患者さんと普段から密にコミュニケーションをとって、精神的にリラックスした状態で訓練ができる環境を整えることが必要となります。

作業療法士の年収

作業療法士の平均年収は350〜450万円前後です。作業療法士の勤務先は、病院から高齢者向け施設までさまざまで、年収も就職する施設によって差があります。

現在は、作業療法士を必要としている施設が多くあるため、待遇は比較的よいといわれますが、昇給・ボーナスなどの項目については就職する前に確認しておきましょう。

おわりに

ここでは、作業療法士の仕事について紹介してきました。

作業療法士は、患者さんの得意なことや能力を引き出すことで、新たな生き方をサポートできるとても魅力的な仕事です。高齢化社会が進みストレスに悩む人が多い日本において、これからますます注目されるであろう仕事のひとつです。

リハビリテーションに興味がある方は、ぜひ検討してみてください。

広告を非表示にする