なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

作業療法士(OT)になるには?

作業療法士(OT)は、日常的な活動を通してリハビリテーションを行い、患者さんの社会復帰をサポートする仕事です。患者さんの人生に関わる仕事であり、人の体の仕組みについて深い知識を持っていることが求められます。

作業療法士になれば、誰かの人生の役に立っている喜びをダイレクトに感じることができるでしょう。

作業療法士になるには

作業療法士になるには、国家試験に合格する必要があります。高校卒業後、まずは国の指定した専門学校・大学・短大で決められた科目を3年もしくは4年間学びます。学校を卒業できれば、国家試験の受験資格が得られます。

国家試験に合格すると作業療法士免許証が交付され、作業療法士になることができます。

作業療法士の一日

作業療法士の仕事は幅広く、就職先によって求められる仕事の内容も異なります。

病院など一般的な医療施設では、手術などを終えて回復しようとしている患者さんに、自宅に戻っても問題なく生活できるように動作訓練などをします。患者さんは子供からお年寄りまでいるため、一人ひとりの生活環境についてよく理解することが必要といえます。

老人保健施設などでは、入所している高齢患者さんと手芸やレクリエーションなどを行い、動作の機能を回復したり、園芸や工芸などの活動を通して生きがいを感じられたりするようにサポートをします。養護学校や小児科病院では、遊びやゲームを通して地域の中で自立した生活が送れるように成長を支援していきます。

作業療法士の将来性

作業療法士は、今後ますます活躍を期待されている職業です。高齢化社会が進む中で、リハビリテーションを必要とする患者さんは増え、今まで以上に地域に根付いたリハビリテーションや、自宅治療が求められます。

時代の変化に伴って、近年医療・福祉分野の制度が変わり、民間企業が介護業務をするようになりました。これから作業療法士の働き方はさらに多様化してさまざまな分野に広がっていくことでしょう。

作業療法士の服装

作業療法士の服装は就職先によって変わります。多くの病院や施設では、動きやすく機能的な半袖タイプの白衣が採用されています。施設によっては、患者さんがスタッフを身近に感じられるようにポロシャツなどのラフな服装のところもあります。

おわりに

ここでは、作業療法士について詳しくお伝えしてきました。

作業療法士になるには、医療だけでなく福祉社会学、心理学などあらゆる知識が求められます。国家試験に合格することは簡単ではありませんが、作業療法士は幅広い分野で自分らしく活躍できる、やりがいのある仕事です。人と接することが好きで医療や福祉などに興味のある方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

広告を非表示にする