読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

作業療法士(OT)の専門学校・大学・短大

作業療法士(OT)の資格を得るためには、まずは国が定めた専門学校・大学・短大に通う必要があります。これらの学校は数多くあり、どのような視点で学校選びをすればよいのか戸惑うかもしれません。

作業療法士を目指す方へ向けて、学校選びの疑問についてお応えします。

作業療法士の専門学校・大学・短大

作業療法士になるための専門学校・大学・短大は、全国に約180校あります。これらの学校で3〜4年間学び、決められた課程を修了することによって国家試験の受験資格が得られます。

3年制の学校では、国家試験に向けた勉強を集中して行うことができるため、できるだけ早く社会に出て多くの経験を積みたい人にメリットがあります。一方、4年制の学校では、じっくりと時間をかけて作業療法の基礎から学べます。時間的な余裕を活かして他分野の講義を受けたり、趣味やサークル活動に参加したりすることも作業療法士にとっては貴重な経験になります。

作業療法士になるための必修の科目はどの学校でも同じですが、施設や授業体制にはそれぞれ特色があります。近いから、といった安易な理由で決めてしまわずに、オープンキャンパスや学校のパンフレットを参考にしながら自分に合った学校を選びましょう

作業療法士の学費

作業療法士になるための学費は、学校により異なりますが総額400〜650万円程かかります。複数の学校を比較する場合は、1年あたりの学費や実習費用が含まれているかも忘れずに確認しましょう。

また一部の学校では、学費の支払いを分納できる制度を設けていたり、夜間部が設置されて働きながら学べたりするところもあります。

作業療法士の勉強

作業療法士の学校で学ぶ科目は、「基礎分野」「専門基礎分野」「専門分野」の3つに分かれています。基礎分野は、心理学や教育学などの一般教養です。専門基礎分野は、骨や筋肉などの体の仕組みを学びます。専門分野は、作業療法士に必要な知識や技術を、実習を交えて学びます。

専門的な分野の勉強は、誰でもはじめは難しく感じますが、知識を深めるにつれて作業療法の幅の広さや奥深さに気づき、もっと知りたいと思えるようになるでしょう。

おわりに

ここでは、作業療法士を目指すための専門学校・大学・短大についてお伝えしてきました。

勉強は試験のためと考えると辛いものですが、作業療法士に関する勉強は人の心身や生活、生きることに焦点をあてており、自分自身についての勉強ともいえます。

講義や実習の中で、いろいろなものの考え方に触れ友人と意見を交わす経験は、作業療法士として働きはじめてからも活かすことができるでしょう。