読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

理学療法士(PT)の仕事とは?

理学療法士

思わぬ事故や病気で体が不自由になると、誰でも「元の生活に戻れるのか?」と不安になります。そんなときに頼りになるのが理学療法士です。理学療法士の仕事は、患者さんと運動訓練をしたり、体にマッサージを施したりすることで、弱った筋力や関節の機能を回復させることです。理学療法士は「運動機能のリハビリテーションのプロフェッショナル」であり、患者さんの回復に寄り添うやりがいのある仕事です。

そんな理学療法士の詳しい仕事内容はどんなものでしょうか。また、気になる年収とは?

理学療法士とは

理学療法士(PT)になるには、国家試験に合格することにより免許を取得しなければなりません。資格を取得してはじめて病気やケガ・加齢などで体が不自由になってしまった人に対し、治療の提案や機能の回復をサポートすることができます。近頃、理学療法士は身体的なリハビリテーションの専門家として、需要がさまざまな分野に広がりつつあります。

治療方法は大きく2種類に分かれます。ひとつは「運動療法」です。運動療法は、器具などを使いながら患者さんの関節の動きをよくしたり、歩く訓練をしたりしながら筋力をつけます。もうひとつは「物理療法」です。物理療法は、マッサージや電気光線・温熱などの医療機器を用いて体に物理的な刺激を与え、痛みを和らげたり回復を促したりする方法です。

理学療法士の仕事内容

理学療法士の仕事の目的は、患者さんやその家族に自分たちの力で生き生きと生活してもらえるようになることです。主な活躍の場所は、病院や老人保健施設リハビリテーション施設です。スポーツ分野でも注目を集めている仕事で、ケガをしたプロスポーツ選手の復帰を手助けする重要な役割も担います。

基本的な仕事は、患者さんの座る、立つ、歩くなどの動作をサポートして、身体機能を回復させることです。一人ひとり、身体能力や精神力が異なるため、しっかりとコミュニケーションをとりながら回復に向けた手助けをしていきます。リハビリ中は患者さんの横について体を支えます。

リハビリには痛みを感じるものもありますが、患者さんにくじけず前向きに取り組んでもらえるように工夫しながら進めていくことも、理学療法士の大切な仕事です。

理学療法士の年収

理学療法士の年収は350〜500万円前後です。年齢が上がるにつれて経験の多い理学療法士が増えるため、平均年収は高くなります。

理学療法士の年収で、男女の性別の違いによる金額差はほとんど見られません。男性が施設の管理職につくことが多い傾向にありますが、基本的には女性も男性と同じ待遇で活躍できる職業といえるでしょう。

おわりに

ここでは、理学療法士の仕事内容や年収について紹介してきました。

理学療法士は、患者さんの強い味方となって回復に立ち会い、人生を豊かにするお手伝いができる素晴らしい仕事です。それぞれの患者さんに親身な応対をすることは決して楽ではありませんが、「人のために何かをしたい」と思う人にとって、充実した毎日を送ることができる職業といえるでしょう。

広告を非表示にする