読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

理学療法士(PT)になるには?

理学療法士

理学療法士(PT)になるには、専門学校・大学・短大でしっかりと知識を身につけて、国家試験に合格する必要があります。国家試験と聞くと難しそうで、どのような流れで受験するのかわからず不安に思う人も多いと思います。

理学療法士になるための道のりとは、どのようなものでしょうか。

 

理学療法士になるには

理学療法士の国家試験dcを受けるには、まず専門学校・大学・短大で、3〜4年かけて必要な知識や技術を学びます。理学療法士には必修の単位があり、卒業までに単位が取れていないと国家試験を受けることができません。身体機能や生理学についてコツコツと知識を積み上げることが必要です。

その後、毎年1回実施される理学療法士国家試験に合格することで、晴れて理学療法士になることができます。

理学療法士の一日

理学療法士は、患者さんの、寝返り、座る、立ち上がる、歩くなどの基本的な動作をスムーズに行えるように訓練をします。患者さんの状態に合わせて、足や腕の関節を動かすサポートをしたり、体を支えて歩く練習をしたりします。

スポーツリハビリの分野では、プロの選手に対してケガの応急処置はもちろん、より精度の高いプレーができるように運動プログラムを組んで提案をすることもあります。

勤務時間は施設によって差がありますが、おおむね規則的で休日は交代制のところが多いようです。

理学療法士の将来性

高齢化が進む日本では、リハビリを必要とするお年寄りが年々増えています。これまで主流だった体の機能を高める「回復リハビリ」に加えて、介護が必要になる前に機能の低下を防ぐ「予防リハビリ」も広がってきており、理学療法士はこれからますます求められる仕事です。

理学療法士の志願者数も毎年増えており、中には独立して事務所を立ち上げる人もいます。今後は地域に密着したデイサービスセンターなどで、多様な要望に応えられる細やかな対応が期待されています。

理学療法士の服装

理学療法士は、多くの人が袖の短いセパレート型の診療衣を着ています。コート型の白衣よりも動きやすく、夏場でも涼しいためです。

また、医療に携わる人間として、患者さんに信頼感を持ってもらえる身だしなみでいることが第一です。派手な髪色やヒゲ、ピアスなどは避けた方がいいでしょう。

おわりに

ここでは、理学療法士になるための道のりなどについてお伝えしてきました。

理学療法士になるには、何年も時間をかけて勉強や試験などを乗り越える必要があります。憧れの気持ちだけではなく、「絶対に理学療法士になる」と強い意志を持っていどみましょう。

広告を非表示にする