読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

理学療法士(PT)に向いている人、適正

理学療法士

理学療法士(PT)になりたいけれど、自分の性格は向いているのかな?」と悩んでいませんか。理学療法士には、こんな人に向いている、といえる適性があります。

理学療法士の適性について知ることでこれから目指す道への不安を払拭できるかもしれません。

理学療法士に向いている人

理学療法士は、人と話すことが好きな人や、誰かに喜んでもらいたいと考える人に向いています。

患者さんにとって、機能が低下してしまった自分の体と向き合うことは体力がいる上、精神面でも負担がかかります。さらにリハビリテーションの結果はその後の人生を左右する重大な問題です。だからこそ、側で支える理学療法士は、正しい知識と思いやりを持って患者さんに接する必要があります。

また、理学療法士になるためには体の機能について広く学ぶことになります。筋肉や骨など、体の仕組みに興味がある人も向いているでしょう。

理学療法士の適性

理学療法士は女性も多く活躍する職業ですが、体が不自由な患者さんを支えるなど力仕事も多いため体力に自信のある人に適性があります。

また、理学療法士にはコミュニケーション力も求められます。患者さんの症状に同じものはなく、表情や言葉を確認しながら一番よい治療法を提案していきます。患者さんを前向きにしてあげられる明るさがあれば、さらに喜ばれるでしょう。

理学療法士の楽しさ

理学療法士の楽しさは、患者さんの体の回復とその喜びを間近で感じられることです。献身的な応対が必要になりますが、患者さんと家族に「ありがとう」といってもらえる素晴らしい仕事です。

理学療法士が使う道具

運動療法では、マットやバーベル、サイクリングマシンなどを使って筋力を回復させていきます。物理療法では、電気や光線機器を使って筋肉に刺激を与え、痛みを和らげます。

その他にも、日常動作の訓練のために車椅子や義肢を使い体の機能を回復させていきます。

理学療法士の求人・就職

理学療法士の主な就職先は、病院、診療所、介護老人施設、リハビリテーション施設です。多くの場合、医師やケアマネジャーなど他分野の専門家と連携して患者さんをサポートします。近年は児童・障害者福祉分野やスポーツ分野に就職する人、個人で事務所を設立し独立する人もいます。

理学療法士を目指す方へ

理学療法士は、誰かのために一生懸命になれる人にぴったりな仕事です。リハビリテーションには時間がかかる上、なかなか思うように効果があらわれないこともあるでしょう。しかし、自分の得た知識や技術によって患者さんの回復を手助けできたときには、仕事の枠を超えた喜びや充実感を得ることができます。

おわりに

ここでは理学療法士の適性についてお伝えしてきました。

理学療法士は運動指導やマッサージを通じて、患者さんの生活を豊かにするサポートができる仕事です。家族や友人、周りの人が辛いときには支えたい、と考える思いやりのある人は、理学療法士の適性があるといえるでしょう。