なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

鍼灸師とは?

皆さんは、鍼灸治療を受けたことがありますか?鍼灸は中国で確立された伝統ある東洋医学(もしくは漢方医学)の一つで、日本においても古くから多くの方々に親しまれています。そんな鍼灸という方法を用いて患者さんの健康を支えるのが「鍼灸師」です。ここでは、鍼灸師の仕事内容や気になる年収などについてご紹介します。

鍼灸師とは

鍼灸師は「はり師」と「きゅう師」の両方の国家資格を所持している人のことを指すもので、鍼灸師という資格は存在しません。国家資格であるこの二つの資格を同時に取得する人が多いことから、鍼灸(しんきゅう・はりきゅう)師と呼ぶのが一般的になっています。鍼灸師は、細いステンレス製の鍼をツボに刺していく針治療と、火をつけたもぐさを使ってツボに刺激を与える灸治療との両方を合わせた施術を行う、プロフェッショナルな医療職です。日本において鍼灸治療を行えるのは、はり師・きゅう師・医師のみとなっています。

なお、鍼灸と関連の深い他の資格(あん摩マッサージ指圧師の資格や柔道整復師の資格など)を合わせて取得する方も多く、そうすることで仕事の幅が格段に広がります。

鍼灸師の仕事内容

鍼灸師は、鍼や灸といった道具を使って人の体に本来備わっている自然治癒力を引き出すことが仕事です。神経や循環器、消化器系、運動器系の疾患をはじめ、さまざまな疾患を抱える患者さんに対して施術を行います。

特に、高齢で手術や投薬による治療が行えない患者さんに対して、鍼灸師による治療は需要があります。高齢化社会に向け、今後ますますこの需要は高まってくるでしょう。また、最近では美容業界でも鍼灸に注目が集まっており、ダイエットやむくみの解消などを目的に施術を受ける方が多くなっています。これに伴い、鍼灸治療院や整形外科・内科・神経内科だけが職場でなく、スポーツトレーナーとして活躍したり、美容に特化した治療院で活躍したりすることも可能です。

鍼灸師の年収

鍼灸師の年収は働き方によって異なりますが、鍼灸治療院のスタッフとして働く場合、平均年収は350〜400万円程度が目安になります。月収にすると、およそ18〜20万円です。しかし、この業界の特徴として歩合給制を導入している職場が多いことが挙げられます。そのため、経験を積んで腕を磨くことで、給与が大きくアップする可能性があるのです。また、独立して自分の鍼灸治療院を持つ方も少なくなく、成功して常連客がつくようになれば、年収はぐっと上がるでしょう。

おわりに

健康ブームなどを背景に、鍼灸という治療法に今、再び大きな注目が集まっています。活躍できる分野も広がっているため、さまざまなキャリアアップの道を選ぶことができます。医療や美容の分野に関心がある方は、鍼灸師を目指してみてはいかがですか?

広告を非表示にする