読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

鍼灸師に向いている人、適正

鍼灸師を目指すにあたり、自分のどんな力が活かせるのか、もしくはどんな力が足りないのかを把握しておくことはとても大切です。自身の希望とのミスマッチを防ぐためにも、効率良く一人前の鍼灸師になるためにも、あらかじめ適性を知っておきましょう。ここでは、鍼灸師の適性などについてご紹介します。

鍼灸師に向いている人

最近では、美容やスポーツの分野でも活躍している鍼灸師ですが、鍼灸のルーツは医学です。「自分の力で病気に苦しんでいる人を救いたい」、「困った人の役に立ちたい」という奉仕の精神を持った人が、鍼灸師に向いていると言えるでしょう。

また、どの分野で働く際にも、患者さんと深く関わり合うことが必要となるため、コミュニケーション能力に長けていることや、細やかな気配りができることも求められる資質です。

鍼灸師の適性

鍼灸に限らず、医療の世界では技術が日々進歩していきます。学校を卒業した後も、常に最新の医学に関心を向け、向上心を持って勉強し続けることが必要です。こうした理由から、意欲と熱意を絶やさず持ち続けられる方に適性があると言えます。

また、鍼や灸で刺激するツボは自分の手で探します。手先の感覚が鋭い方も、鍼灸師として成功しやすいかもしれません。

鍼灸師の楽しさ

鍼灸師のやりがいや楽しさは、何と言っても患者さんに喜ばれたり感謝されたりすることにあるでしょう。人の体は複雑にできており、明確な原因が見当たらないにもかかわらず、慢性的に体調が優れない、ということも往々にしてあります。そんな時に、東洋医学である鍼灸治療が役立つという事例が多く見られるのです。どこの病院にかかっても良くならなかった患者さんを笑顔にできると、大きな達成感を得られます。

鍼灸師が使う道具

鍼灸師が使う道具と言えば、やはり鍼と灸です。それぞれにいくつか種類があり、鍼であれば細いものから太めのもの、体に深く刺すものから皮膚に貼り付けるだけのものまでさまざまです。灸も同様に、原料や発火時の温度の違いなどによって、いくつかの種類に分けられます。こういった道具の知識も、学校で詳しく学ぶことになります。

鍼灸師の求人、就職

鍼灸師の主な就職先としては、鍼灸治療院・病院・福祉施設などが挙げられます。その他にも、上記のような機関に所属せずに出張専門鍼灸師として働いたり、開業して自らの医院を持ったりする方もいます。女性の場合、美容業界で力を発揮する方も多いようです。

しかしながら、鍼灸師としての求人数自体はさほど多くあるわけではありません。はり師・きゅう師の資格と合わせて、あん摩マッサージ指圧師柔道整復師などの関連資格も取っておくと、就職に有利になります。

鍼灸師を目指す方へ

鍼灸師の仕事の目的は、患者さんの体の状態を改善するということに尽きます。鍼灸はあくまでその手段です。鍼灸だけにこだわらずに、他の手段についても関心を持って学ぶことで、さまざまな角度から患者さんを診ることができ、結果的には多くの人に評価される鍼灸師になれるでしょう。最終的なゴールを見失わずに、貪欲に知識を吸収することを大切にしてください。

おわりに

鍼灸師は、手に職を付けられるという点でも、医療人としてのやりがいを感じられるという点でも、大変素晴らしい職業であると言えます。自分の性格と適性とを比べて足りない部分があっても、今から少しずつ埋めていけば問題はありません。「鍼灸師になりたい」という思いを大切に、ぜひチャレンジしてみてください。

広告を非表示にする