読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

柔道整復師の専門学校・大学・短大

柔道整復師

柔道整復師になるには、国家試験に合格し資格を取得しなくてはなりませんが、それにはまず、厚生労働大臣が認定した学校を卒業しなくてはなりません。「柔道整復師を目指すための学校」と一口に言っても、学校ごとにさまざまな特色があります。立地やカリキュラムなどを調べて、自分の希望に近い学校を探してみましょう。

ここでは、柔道整復師の学校で学ぶ内容や学費について見ていきます。

柔道整復師の専門学校・大学・短大

柔道整復師になるには、専門学校・短期大学・大学のいずれかで3年以上勉強することが義務づけられています。また、専門性の高い医療従事職であるため、通信教育で学ぶことは不可とされていて、必ず学校に通う必要があります。授業に参加し、講師から直接指導を受ける方法で学んでいきます。学ぶ期間は3年制と4年制から選択できますが、これによって就職に有利、もしくは不利になることはありません。自分のペースに合った方を選ぶと良いでしょう。

また、学校の雰囲気を知るには、パンフレットや資料を見た上で、できるだけ多くの学校の見学に行くことをお勧めします。在校生の様子や施設の充実度などを実際に見ることで、不安要素を取り払い安心して学校を選ぶことができるでしょう。

柔道整復師の学費

学費の目安は、3年間でおよそ300〜400万円となっています。大学に通う場合、これにプラス100万円ほどかかることを見込んでおきましょう。初年度に必要となる費用は、入学金を含めて120〜170万円ほどです。

なお、学費以外にもお金がかかることに注意しておかなければなりません。具体的には、教科書代、実習で使用する機材代、白衣代などです。こちらは在学中の期間を通して20万円弱ほど必要になります。学費に比べると少額ではありますが、後で慌てないよう、念頭に置いておきましょう。

柔道整復師の勉強

人の体というデリケートなものを扱う柔道整復師になるには、さまざまな知識を身につけなければなりません。柔道整復学に加え、解剖学・生理学・病理学・衛生学なども学ぶように国から義務づけられています。

また最近では、スポーツや美容の分野で活躍する柔道整復師も増えてきており、それに合わせたカリキュラムを組む学校も出てきました。その他にも、実習に力を入れていてそこに割く時間を多くとっていたり、著名人を講師に招いて授業を行ったりしている学校もあります。自分が将来どのように働きたいのか、目標を明確にし、その分野に強みを持つ学校を選ぶと良いでしょう。

おわりに

柔道整復師を目指す上で、学校に入学することは入り口ですが、そこで何を重点的に学ぶかによって将来のキャリアの方向性が左右されます。自分がどんなフィールドで活躍したいのか、まずはそれを明確にすることからはじめてみてください。