読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

柔道整復師の資格

柔道整復師

骨折や打撲などのケガを治す柔道整復師になるには、国家資格である柔道整復師資格を取得することが必要になります。この資格を取ることで、柔道整復師としてさまざまな医療行為を行えるようになり、活躍の場も格段に増えます。今回は、柔道整復師の資格の概要や試験内容、また合格率などについてご紹介します。

柔道整復師の資格

柔道整復師の国家試験を受けるためには、厚生労働大臣が認定した学校で3年以上勉強する必要があります。その他にも、大学に入学する資格を有していること(高卒、または高等学校卒業程度認定試験合格者)などの条件があります。また、柔道や運動について詳しいことは特に求められません。柔道整復師になりたい方は一つひとつのステップを踏んで、資格取得を目指しましょう。

柔道整復師とは

柔道整復師は、外科的な処置や薬の投与なしに骨折・脱臼・捻挫・打撲などのケガを治療する職業です。人の体に治療を行う、専門性の高い医療職となります。施術助手としてなら、柔道整復師の資格を持っていなくても勤務することはできますが、その場合、自分の手でできる行為はかなり限定されます。資格を取得すると、治療行為ができるようになるだけでなく、独立開業することも視野に入れられます。医療人としての活躍の幅を広げるためにも、国家資格の取得は必須であると言えるでしょう。

柔道整復師の試験

柔道整復師の試験は例年3月上旬に行われており、合格者は3月下旬に発表されます。試験内容は、解剖学、生理学、運動学、病理学概論、衛生学・公衆衛生学、一般臨床医学、外科学概論、整形外科学、リハビリテーション医学、柔道整復理論、関係法規の11科目で構成され、全てマークシート方式で出題されます。合格基準は年度によって異なり、合格発表時に合わせて掲示されます。なお、かつては実技試験を受ける必要がありましたが、現在は廃止され、3年生もしくは4年生時に受ける「認定実技審査」がこれに位置づけられています。

柔道整復師の合格率

柔道整復師試験の合格率は、概ね70%前後になっています。以前は合格率が90%近くになることもありましたが、最近では、受験者数の増加などを背景に若干下がっているようです。

今後、試験の難易度が上がるのではないかという見込みもあるため、これから資格取得を目指す方は、これまで以上に十分な対策が求められると考えられます。学校を選ぶ際は、国家試験対策を丁寧に実施しているかを調べておくと良いでしょう。

おわりに

柔道整復師の資格を取ると、仕事の幅が広がるだけでなく、自分のキャリア形成においても大きなメリットがあります。この分野で活躍するには、ぜひとも取得しておきたい資格であると言えるでしょう。注目を集めている資格だけに、こまめな情報収集をお勧めします。

広告を非表示にする