読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

柔道整復師に向いている人

ケガに苦しむ人々を助けられたり、手に職を付けられたりと、柔道整復師の仕事には魅力がたくさんあります。そんな人気の職業である柔道整復師には、一体どんな人が向いているのでしょうか?ここでは、柔道整復師に求められる能力や、仕事のやりがい、求人状況などについてご紹介します。

柔道整復師に向いている人

世代や性別を問わず、人と仲良くなるのが得意な人、コミュニケーション力に長けている人は、柔道整復師に向いていると言えるでしょう。なぜなら、柔道整復師の仕事は、常に人と密接に関わることを必要とされるからです。相手の置かれている状況をよく知り、相手の立場に立って考えながら処置や指導を行わなければなりません。加えて、道具や薬を使わないため、治療期間が長期に及ぶことも頻繁にあります。完治するまで患者さんに通い続けてもらうには、信頼関係を深めることが重要となるのです。

柔道整復師の適性

柔道整復師として活躍するには、手先の器用さと体力が求められます。骨折・脱臼・打撲・捻挫などのケガを負った患者に対しては、患部をギプスやテーピングで固定する処置が必要になります。自分自身でこれを行うには手先の器用さは必須と言えるでしょう。

また、施術は全身の力を使って行います。消耗する体力が大きいため、スタミナに自信のない方は、あらかじめ体力作りにも取り組んでおくべきでしょう。

柔道整復師の楽しさ

患者さんと長い期間関わることができ、確かな信頼関係が築けるのは柔道整復師として働く上で大きなやりがいとなります。スポーツトレーナーとして働く場合は特に、同じ目標に向かって頑張るチームの一員という実感を得られるでしょう。辛い時期を一緒に乗り越え、ゴールを迎えた時も一緒に喜べるといった、人の人生に深く関わることができる職業です。

柔道整復師が使う道具

柔道整復師は基本的には自分の手で施術を行いますが、場合によっては道具も使用します。具体的には、テーピングや包帯、体を支える上肢・下肢台、ギプスの下に巻くクッション材のブルーラップ、ギプスカッターなどが挙げられます。どれも簡単な処置に使われる基本的な医療道具です。

柔道整復師の求人、就職

柔道整復師の主な就職先は、接骨院整骨院・病院の整形外科・介護施設・スポーツジムなどが挙げられます。高齢化社会の進行や健康志向の高まりに伴って求人数は増えており、求人状況は比較的安定していると言えます。また、技術を身に付け顧客ができれば、独立開業して自分の医院を持つことも可能です。

柔道整復師を目指す方へ

柔道整復師は、これからの社会においてますます需要が高まるとされている職業の一つです。与えられる役割や活躍のフィールドは、今後ますます広がっていくでしょう。これから柔道整復師を目指す方は、選択肢が増えるがゆえにキャリアアップしていく上での明確な目標を持ちましょう。働きはじめてからも、定期的に今後のキャリアについて考え、それに沿って進む方向を修正していく習慣を大切にしてください。

おわりに

柔道整復師になるには多くの知識が必要になりますが、その分大きなやりがいや充実感を得られます。患者さんと向き合う中で、人から必要とされていることを日々実感できることは大きな魅力です。医療関係の仕事に興味がある方は、候補の一つとして検討してみてはいかがですか?

広告を非表示にする