読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

歯科技工士の仕事とは?

歯科技工士

食べることは、私たち人間が生きていく上で欠かせない行動の一つです。そして、そのために必要なのが、健康な歯です。しかし、虫歯や老化などで歯を失ってしまうことは珍しくなく、そんな時に多くの方が歯科技工士にお世話になります。ここでは、人々の口腔の健康を支える歯科技工士の仕事についてご紹介します。

歯科技工士とは

歯科技工士は、医師や看護師、歯科衛生士などと同じく、国家資格を必要とする医療系専門職の一つです。多くの場合、歯科技工所と呼ばれる施設で歯科医院から依頼のあった技工物(歯の詰め物や入れ歯、マウスピースなど)の作成にあたっており、患者さんと直接コミュニケーションをとることはありません。歯科医院や病院の中にある技工所で働く場合は例外ですが、それでも歯科医師や歯科衛生士に比べて、患者さんと話す機会は圧倒的に少ないと言えるでしょう。

技工物を作ることができるのは歯科医師と歯科技工士だけですが、技工物を作るには高度なスキルが必要となることが多く、ほとんどの歯科医師は技工所に依頼を出して作成してもらっています。歯科技工士は、専門的な技術を身につけたプロフェッショナルとして重宝されているのです。

歯科技工士の仕事内容

先でも少し触れたとおり、歯科技工士の仕事はさまざまな技工物を作ることです。歯科医師からの指示に従い、小さな詰め物から全入れ歯まで、さまざまな種類の技工物を作成していきます。矯正歯科で使用する装置や、スポーツ選手も使用するマウスピースを作ることもあります。

技工物はどれも患者さんが口の中に入れて使い、多くの場合その人の体の一部となるものです。緻密な作業が求められるため、手先の器用さは必須と言えるでしょう。

歯科技工士の年収

歯科技工士の平均年収は、400万円ほどです。医療系専門職の中ではそれほど高い年収とは言えませんが、歯科医院がなくならない限り技工物の需要はなくならないため、比較的安定した仕事であると考えられるでしょう。

また、腕を磨けば給与の高い技工所や病院に勤務することができたり、自ら技工所を開業したりすることも可能です。そうなってくると、年収も平均値より大幅にアップすることも見込めます。

おわりに

ここまで、歯科技工士という仕事についてご紹介してきました。

歯科技工士は直接患者さんとやり取りをすることはそう多くはありませんが、自分の作ったもので患者さんが健康的な口腔を取り戻せる、非常にやりがいのある仕事です。「人の人生を支えるものづくり」に興味がある方は、歯科技工士を目指してみてはいかがでしょうか。

広告を非表示にする