読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

歯科技工士になるには

歯科技工士

歯科技工士として働くには、高い技術や知識が必要になります。国家試験に合格する必要もあり、誰でもすぐになれる職業ではありません。ここでは、歯科技工士になるための方法や、なった後にどのように働くのかについてご紹介します。

歯科技工士になるには

歯科技工士を目指すには、まず専門的な知識を学べる専門学校・短期大学・大学のいずれかに入学する必要があります。これらの学校で所定の単位数を取得して卒業しないと、国家試験を受験することができません。

学校では、座学や実習を通して歯科技工学はもちろん、歯科理工学や解剖学などのさまざまな科目を学びます。国家試験対策も丁寧に行ってくれるため、安心して試験に臨むことができるでしょう。

歯科技工士の1日

勤務する場所によって1日のスケジュールや業務内容は異なってきますが、ここでは小規模な技工所で働いた場合について見ていきたいと思います。

人数がさほど多くない技工所の場合、歯科技工物の作成以外にも、歯科技工士が自ら歯科医院を回って営業活動をしたり、技工物の作成に必要な模型を回収したりといったことまで行います。また、非常に複雑な技工物を作成した際は、装着するタイミングに立ち会い、使用感などを確認するケースもあります。

営業活動を終えて戻ってくると、依頼された技工物の作成に取り組みます。日によって技工所の中と外で過ごす時間のバランスは異なりますが、おおまかには以上のような流れになるでしょう。

歯科技工士の将来性

高齢化が進む日本では、歯に疾患を持つ方が多くなっており、技工物の需要はますます高まっています。歯科技工士の求人は常に一定数あり、就職先がなくて困るといった事態は考えにくい状況にあります。

また日本製の技工物は他国のものに比べクオリティーが高く、国内の技工所は信頼されている一面があります。さらには日本の歯科技工士の腕の良さは世界に認められつつあるため、歯科技工士として学んだ後は、海外で技術を伝えるといった活躍の仕方も十分に可能です。

歯科技工士の服装

歯科技工では、技工物を削る際に粉が舞ったりするため、仕事中は多くの場合、専用のユニフォームを着用します。そのため、通勤時の衣服については特別な指定がない場合がほとんどで、自分の好きなものを着ることができるでしょう。しかし、派手な髪型やアクセサリーを身につけるのは、医療人としての真面目さに欠けると捉えられかねないため、服装に最低限のマナーは要しておくべきでしょう。

おわりに

歯科技工士になるまでの過程、そしてその後の展望についてイメージしていただけたでしょうか?

歯科技工士になるには専門的な勉強が必要となりますが、その分「自分にしかできない仕事」ができるようになります。手に職がつくという意味でも、魅力的な職業であると言えるでしょう。

広告を非表示にする