読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

介護福祉士の仕事とは?

介護福祉士

高齢者や障害者の生活をサポートする介護福祉士の仕事は、多くの人々に必要とされ、そして心から感謝される素晴らしいものです。高齢者人口が急速に増えている現代では、その需要はますます高まってきています。

ここでは、そんな介護福祉士の仕事内容や年収などについてご紹介します。

介護福祉士とは

国家資格でもある介護福祉士は、満足に体を動かすことができなくなったお年寄りや、体もしくは精神に障害を持つ方の生活をサポートする職業です。また、実際に手を動かして物理的にサポートするだけでなく、要介護者(介護される方)のお世話を日常的にしている家族の方などに、介護方法のアドバイスも行います。要介護者、個人と関わるだけでなく、介護をする側の心理状態にも配慮し、適切な対応をすることが求められます。介護福祉士は、幅広いシーンで活躍する、介護全般におけるプロフェッショナルであると言えます。

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士の主な仕事内容は、日常のさまざまな場面で要介護者のお世話をすることです。食事や排泄、入浴や着替えなど、生きていく上で欠かせない行為の手助けはもちろん、買い物や掃除・洗濯をはじめとした家事全般の援助も、介護福祉士の業務範囲です。介護者の中には、思っていることを上手く伝えられない方もいることから、相手が今何を必要としているのか、日常生活においてどんなことを不便だと感じているのかを察する力が求められるでしょう。

また、介護が必要な方の多くは、地域のコミュニティーから孤立してしまう傾向にあることから、近所で行われている社会活動について情報提供をしてあげることも仕事の一環です。要介護者と周囲の人々が良い関係を築けるように工夫してあげることも、大切な仕事の一つなのです。

介護福祉士の年収

施設で正規職員として働く介護福祉士の平均年収は、250〜400万円程度です。介護福祉士が就職する事業所の形態はさまざまで、社会福祉法人、医療法人、民間企業などがあります。平均年収に差があるのは、就職先の事業所の形態や、役職の有無により変わってくるからです。

また、業界全体が慢性的な人手不足という現状では、経験を積んで実力をつければ、独立して会社を設立することも夢ではありません。そうなると、年収は大きくはね上がる可能性もあります。

おわりに

介護福祉士は、要介護者に密着して生活を支える、大変やりがいのある職業です。その一方で、知らなければならない知識や、コミュニケーション力をはじめとした求められる能力が多くあるため、向上心を持って取り組む姿勢が必要になります。「困っている人を助けたい」、「誰かの役に立つ仕事がしたい」という想いを持つ方にとって、介護福祉士はぴったりの職業だと言えるでしょう。

広告を非表示にする