読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

パティシエに必要な資格、製菓衛生師

 世の中にはさまざまな資格がありますが、中にはパティシエに関する資格も存在しています。そのような資格を取得しておけばスキルや知識を証明することに繋がりますが、同じパティシエ関連の資格であっても、資格によって難易度や問われるスキルなどの特徴が異なります。

そこで今回は、パティシエに関する資格と、その中でも製菓衛生師について詳しく紹介していきます。

パティシエの資格

パティシエに関連する資格としては主に、製菓衛生師と菓子製造技能士の2つを挙げることができます。これらの資格を取得しておけば、パティシエに関する一定の技術や知識が備わっていることを端的にアピールすることに繋がります。
就職を有利に進められる場合もあるため、専門学校の中にはこれらの資格を取得するためのカリキュラムを組んでいるところも多く見られます。

製菓衛生師とは

製菓衛生師は、「公衆衛生や製造者の資質向上」などを目的としており、安全性の高いお菓子を作るための資格です。そのため、お菓子を作るスキルや知識がいくら豊富であったとしても、衛生面などの知識が乏しければ取得することは難しくなります。
なお、製菓衛生師が行う業務自体は資格を有していなくても行えますが、有資格者以外は製菓衛生師を名乗ることはできません。このような資格は名称独占資格と呼ばれています。

製菓衛生師の試験

製菓衛生師の資格では、受験資格が定められています。1つ目は、「指定された製菓専門学校で1年以上勉強し、技能などを習得していること」であり、2つ目は「中学校、外国人学校中等部を卒業しており、2年以上菓子に関する実務を経験していること」です。どちらか一方の条件を満たしておけば、製菓衛生師の資格を受験することができます。
試験の内容や試験日は、各都道府県によって異なります。主な試験科目は、衛生学、栄養学、製菓理論などであり、製菓の実技も試験内容に含まれています。

製菓衛生師の合格率

都道府県によって合格率にはばらつきが見られますが、製菓衛生師の合格率は約60~80%と言われています。要点を押さえて勉強すれば難易度が高いわけではないといった声も聞かれますが、幅広い分野からの出題となるため注意しておきましょう。

おわりに

ここまで、パティシエに関連する資格、特に製菓衛生師について紹介してきました。
資格に関しては、難易度や必要性を見極めた上で、取得するかどうかを決めることが大切になります。勉強したからといって必ず合格できるものではありませんし、ケースによってはその時間を実務に充てた方が良いこともあるためです。