読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

パティシエになるには?

 パティシエとはお菓子を作る職業のことを指しますが、お菓子を作れれば誰でもパティシエになれるというわけではありません。パティシエとして働くには、現場で求められるような人材になるための努力が必要になります。

そこで今回は、パティシエになるための方法や、パティシエの仕事の中身について紹介していきます。

パティシエになるには

パティシエとして働いている方の多くは、製菓の専門学校を卒業しています。専門学校ではお菓子作りの基礎から学ぶことができ、お菓子作りのスキルだけでなく知識も身につけることができます。専門学校の卒業が近づいたら、洋菓子店や企業などへの就職を目指すことになります。
また、中には専門学校に通わず、始めから洋菓子店などで働いているパティシエも見られます。ただしこの方法で就職先を見つけるためには、専門学校を卒業したという事実がないため、パティシエとしてのスキルや基礎知識が備わっていることを、別の方法でアピールしなければなりません。
アピールする方法としては、製菓衛生師や菓子製造技能士などの資格を取得する方法などがあります。

パティシエの1日

パティシエは他の職業と比べても、朝が早いという傾向が見られる職業です。レストランや洋菓子店の開店時間までに仕込みをしておく必要があるため、6時には起床して出勤するケースが多くなっています。

7時~7時半には現場で作業を開始し、開店前に全ての商品を陳列できるように2時間~3時間は作業を続けていきます。また、開店前に陳列する商品を作り終わったら仕事が完了するわけではなく、営業中によく売れている商品については、継続的に作り続ける必要があります。
途中で材料が少なくなってきたら補充しなければなりませんし、翌日の予約状況のチェックや仕込みなども同時に進めることになります。まとまった休憩時間を取ることは難しく、お店が落ち着いたタイミングで少しずつ休憩を取るケースが多くなっています。
閉店しても仕事が終わるわけではなく、現場の掃除やスタッフとのミーティングをこなさなければなりません。閉店後1~2時間ほどこれらの仕事をこなせば、パティシエとしての1日は完了します。

パティシエの将来性

どんなに人気が高い商品であっても、同じ商品だけを提供し続けていれば消費者には飽きが生じます。商品に飽きられてしまうと売上の減少に直接関わってくるため、どんな時代であってもパティシエは新しい商品を作っていくことで、生き残りをかけて未来を切り開いていく必要があります。

特にパティシエとして独立するのであれば、経営やお菓子作りのスキルだけでなく、このような発想力が重要になります。機材さえ揃えばパティシエは自宅でも開業できますが、その場合には自分ひとりで新しい商品を作り続ける必要があります。

また時代の流れとともに、店舗だけではなく、ネット販売など販路が拡大するという傾向にあります。ネット販売であれば大きな店舗を構える必要がないため、初期費用を抑えることを目的としてネット販売で独立を目指すパティシエも中には見られます。

パティシエの服装

パティシエが着ている服は、主に「コックコート」や「コックシャツ」などと呼ばれています。七分丈や五分袖のものなど、職場によって採用されているユニフォームには違いが見られます。ただし、どのユニフォームも清潔感や動きやすさが重視されており、お客様に悪い印象を与えないような工夫が施されています。

ユニフォームの中に関しても、多くのパティシエは動きやすい服装を心がけています。黒や白などシンプルな色のシャツやパンツを着用しているケースが多く、派手な格好や動きづらい格好は避けています。

おわりに

ここまで、パティシエになるための方法などを紹介してきました。
パティシエになるための方法はいくつかあり、中には数年の修行を経て20代後半という若さで独立している方も見られます。最終的な目標がどこにあるのかを明確にし、その目標を達成するためにはどのような道を選ぶべきなのか、慎重に判断するようにしましょう。

 

 

広告を非表示にする