読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

モデルの専門学校・大学・短大

モデルは学歴が必要になる職業ではありませんが、モデルとしての基礎スキルや知識を学ぶために、専門学校に通っている方は多く見られます。ただし、専門学校によってカリキュラムや雰囲気などが異なるため、進学を考えている方は事前にしっかりと情報収集しておくことが大切です。

そこで今回は、モデルの専門学校についての概要や、学費などについてご紹介します。

モデルの専門学校

モデルを目指して進学する場合には、「服飾(ファッション)系」や「デザイン系」の専門学校が主な選択肢となります。これらの専門学校は、東京や大阪などの大都市を中心に数多く存在しています。

進学先選びで特に注意するべきなのは、学科によって学べる内容やカリキュラムが大きく異なる点です。例えば、「モデル科」のような学科では、ファッションモデルになるための基礎知識やスキルを広く学べますが、「デザイン科」などでは服を作る勉強を中心的に行います。各学校のパンフレットをしっかりと確認した上で、進学先を選ぶようにしましょう。

また、中にはモデルとしての仕事を紹介してくれるような学校も見られます。就職支援やサポートが充実した進学先を選べば、在学中にモデルとして活動することも可能となるでしょう。

モデルの学費

モデルの専門学校の学費は、1年間で70万円から100万円前後かかります。それに加えて、初年度に関しては教材費・入学金などがかかるため、20万円から30万円前後の費用が必要となります。

奨学金制度が存在している専門学校もいくつか見られるため、家族の方などとしっかりと相談をした上で、進学先を決めるようにしましょう。

モデルの勉強

モデルの専門学校では、ポージングやウォーキングなどの基本的なスキルを学んでいきます。映像や雑誌などでプロモデルの動き方を確認し、より自分の魅力を伝えられる動きを研究していきます。

また、プロポーションを維持するには、普段の食生活にも注意しなければなりません。そのため、「栄養学」などプロポーション維持に必要な学問を学べる学校も見られます。もちろん、プロポーションを維持するには学校に通うだけでなく、日々の食事メニューを考えたり、運動したりすることも必要になってくるでしょう。

さらに、モデルには魅力的な外見だけでなく、さまざまな服を着こなすセンスの良さも求められます。そういったセンスを磨くために、ショップに通ったり雑誌を見たりして、最新のファッションを日々研究している方も少なくありません。

このように、モデルを目指している方は日頃からさまざまな努力を行っており、その努力を長い期間続けています。

おわりに

専門学校に通えば、モデルに必要な基礎知識やスキルを学ぶことができます。ただし、周りから高い評価を受けるには、私生活の部分でも自分を磨く努力をしなくてはなりません。自分にとって必要な努力を見極め、その努力を根気よく続けていけば、人気モデルになれる可能性も高まるでしょう。

モデルに必要な資格

モデル業界は実力主義であるため、仕事を得るのに資格が必要になるわけではありません。ただし、中にはモデルの仕事に役立つ可能性がある資格も存在しており、そのような資格を取得すれば、モデルとしてのオファーが増えることも考えられるでしょう。

そこで今回は、モデルに関する資格や、その中でもモデル検定について詳しくご紹介します。

モデルの資格

モデルに関する資格としては、まず「モデル検定」を挙げることができます。この資格は、現役で活躍しているモデルの方が教科書を監修し、モデルに必要なスキル・知識を学べる内容となっています。

また、「ファッション色彩能力検定試験」など、ファッションに関する資格の取得を目指せば、自分のセンスを磨くことにつながります。手のパーツモデルなど、特定の業界で働きたい場合には、「ネイリスト」といった資格を取得するのも良いでしょう。

モデル検定とは

モデル検定は、ウォーキングやポージングなどの基本的なスキル・知識を、講習によって学べるタイプの資格です。難易度によって1級から4級までに分けられており、級ごとに受講料などが異なります。

3級・4級については、特に受験資格が定められていないため、モデル未経験の方でも受験することが可能です。2級ではモデルの経験が6ヶ月以上、1級ではモデルの経験が2年以上必要となります。

受講回数は全ての級で12回であり、1回の講義時間は90分です。なお、全ての講義を受けた後には、3級・4級では実技試験、1級・2級では筆記試験と実技試験が実施されます。

この資格を取得するメリットは、知識やスキルを証明できる点だけではありません。取得者は試験を実施している「日本モデル技能検定業界」から仕事や事務所を紹介されたり、海外研修を受けられたりします。

モデル検定の試験

モデル検定の試験は、「ウォーキング・ポージング・モデリング」の3分野で構成されています。具体的な試験内容は公表されていませんが、前述でご紹介した教科書が主な出題範囲となります。

試験会場は東京都・大阪府茨城県・愛知県・石川県の5つのエリアに存在しています。

モデル検定の合格率

モデル検定の合格率は公表されていませんが、3級・4級に関してはモデル未経験者でも受験できるため、特に難易度が高いわけではありません。また、1級・2級に関しても、講習や教科書に基づいてしっかりと知識・スキルを吸収すれば、合格できる可能性は低くないでしょう。

おわりに

資格の取得に向けて努力をすれば、効率的に知識・スキルを身につけることにつながります。勉強方法で悩んでいる方や、時間的に少し余裕のある方は、資格の取得を積極的に考えてみましょう。

モデルに向いている人、適性

モデルになることを夢見ながらも、「本当にモデルになれるのかな…」と不安に感じている方はいませんか?現時点ではモデルに向いていなくても、必要な知識やスキルを身につけるだけで、モデルとしての道が広がる可能性があります。

そこで今回は、モデルに向いている人や適性などについてご紹介します。

モデルに向いている人

モデルに向いている人としては、まず「美意識が高い人」を挙げることができます。モデルは自分の外見を武器にする職業であるため、日頃から肌のお手入れや格好などに気をつかう必要があります。美意識が高い人であれば、自然と自分を磨くための努力を続けられるでしょう。

また、「チャレンジ精神がある人」も、モデルには向いています。モデルとして成功するためには、数々のオーディションを受けなければなりません。1度失敗したからといってくじけず、何度もオーディションに挑戦できるような人は、モデルとして活躍できる可能性が高いでしょう。

モデルの適性

モデルは仕事において、何度もポージングやウォーキングをする必要があるため、ある程度の「体力」が必要となります。特に1日に複数の現場で仕事をこなす人気モデルの場合は、体力がなければ身体を壊してしまうでしょう。

また、モデルは多くの人から注目される職業であるため、「精神力」も重要な適性となります。モチベーションが上がらない日でも、人前に出て仕事をこなす際には、自分が魅力的に見えるように振る舞う必要があります。

モデルの楽しさ

モデルとして高い評価を受けると、その分自分の外見に自信を持つことができます。自信を持つことができれば、仕事をこなしている時だけでなく、日常生活でも楽しさや充実感を得ることができるでしょう。

また、ファッションに興味を持っている方であれば、新作の服やアクセサリーを身につけるだけで、楽しさを感じることができます。

モデルが使う道具

モデルが撮影やショーで使う衣装・小物は、基本的に会場で用意されています。そのため、モデルの方が自分で用意するべき道具は特にありません。

ただし、人気女性モデルの多くは、自分をより魅力的に見せるために、数多くのメイク道具を持ち歩いています。化粧水やファンデーション、アイラインなど、さまざまなメイク道具にこだわり、自分の魅力を引き出す工夫をすることが大切になります。

モデルの求人、就職

ファッションモデルの求人情報は、求人サイトや求人情報誌ではあまり見られません。ファッション雑誌などに掲載されているオーディションに申し込み、合格を目指す道が一般的となります。

パーツモデルや美術品の被写体などのモデルに関しては、求人情報が掲載されていることもあります。雇用形態はパート・アルバイトがほとんどであり、給料は時給制となっています。

モデルを目指す方へ

モデルとして活躍するには、日頃から地道な努力を続ける必要があります。しかし、だからこそ高い評価を受けた時には、大きなやりがいや達成感を得ることができるでしょう。成功することをイメージしながら、自分に必要な努力をコツコツと続けることが大切です。

また、人気モデルになることができれば、テレビやラジオ、舞台など、活躍の幅が広がります。働き方は人それぞれであるため、具体的にどのようなモデルになりたいのかを考えて、進学先や努力の方向性を決めるようにしましょう。

おわりに

モデルには体力や精神力、美的センスなど、さまざまな能力が求められます。魅力的なモデルになることは簡単ではありませんが、日頃から地道な努力を続けていれば、少しずつ周りからも評価されるでしょう。

歌手の仕事とは?

テレビやラジオ、コンサートなどで華々しく活躍している歌手。スポットライトを浴び、多くの観客から拍手される姿を見て、歌手に憧れている方も多いのではないでしょうか。しかし、歌手の仕事はただ歌うことだけではなく、舞台の裏側では地道な仕事をこなしていることもあります。

そこで今回は、歌手の具体的な仕事内容や年収などについてご紹介します。

歌手とは

歌手とは、歌を歌うことを仕事としている職業のことです。ポピュラー音楽の歌手は「シンガー」や「ヴォーカリスト」、クラシック音楽の歌手は「声楽家」と呼ばれることもあります。

歌手の活躍の場は幅広く、テレビやラジオはもちろん、コンサートや雑誌の取材など、さまざまな業界で活躍しています。また、中には歌手としてデビューした後に、アイドルや俳優として働いている方々も見られます。

歌手の仕事内容

歌手のメインの仕事は歌うことですが、多くの歌手はそれ以外にもさまざまな仕事をこなしています。例えば、居酒屋やパチンコ屋で営業をしたり、イベントやディナーショーに出演したりすることも、知名度を上げるための重要な仕事となります。

また、歌手の生活はファンによって支えられているため、ファンを大切にすることも重要な仕事です。ファンからの手紙に返事を書いたり、ファンが喜ぶイベントを開催したりするなど、多くの歌手はさまざまな努力をこなしています。

シンガーソングライターとして活躍している方は、作詞・作曲も仕事内容に含まれてきます。スタッフやメンバーと何度も打ち合わせをしながら、1曲1曲を丁寧に作り上げています。

さらに、仕事がない日にはボイストレーニングや筋力トレーニングなど、歌声のパフォーマンスを維持するための努力を行っています。少しでも努力を怠ると、パフォーマンスが低下してしまう恐れがあるため、歌手の方はデビューをしてからも地道な努力を続けています。

歌手の年収

歌手の給料は、レコード会社・音楽プロダクションと交わした契約の内容によって変わってきます。そのため、CDを同じ枚数売り上げた2人の歌手がいたとしても、同じ給料になるわけではありません。

年収の額は個人によって幅広く、100万円未満の方から1,000万円を超えている方までさまざまです。給料が安定している職業ではありませんが、人気歌手になることができれば、数千万円の年収を得られる夢のある職業です。

おわりに

今回は歌手の仕事内容についてご紹介しました。

華々しいイメージのある歌手ですが、多くの歌手はその舞台裏で地道なトレーニングや、小さな仕事をコツコツとこなしています。大きなステージで華々しく歌える人気歌手になるためには、そのような地道な努力が必要になるでしょう。

広告を非表示にする

歌手になるには?

ただ単に歌が上手なだけでは、歌手になることはできません。歌手になるための絶対的な道はありませんが、ほとんどの方は事務所やレコード会社と契約するために、日々努力を続けています。では、歌手を目指す方は具体的にどんな努力をしているのでしょうか。

ここでは、歌手を目指す方法などについて詳しくご紹介します。

歌手になるには

歌手を目指す場合には、芸能事務所やプロダクション、レコード会社などに所属する方法が一般的となります。高い評価を受けていれば、事務所などからスカウトされる可能性もありますが、多くの方はオーディションを受けることによって歌手への道を進んでいます。また、事務所などにデモテープを送るといったアピール方法もあるでしょう。

どのような道を選ぶにしても、高く評価されるには地道な努力が必要となります。ただ歌唱力を磨くだけではなく、聴いている方をより魅了するために、表現方法や表情に工夫を取り入れる必要があるでしょう。

歌手の一日

基本的に歌手の方は、基礎的なトレーニングを繰り返しながら毎日を過ごしています。コンサートが近い時期にはボイストレーニング以外に、ダンスなどのレッスンも受けることになります。バックバンドの方と一緒に練習することも、重要な仕事になってくるでしょう。

シンガーソングライターとして働く場合は、空いた時間を利用して作詞・作曲をする必要があります。人気歌手になると、コンサート以外にもテレビ・ラジオへの出演、インタビューなどの仕事が入るため、スケジュールは分刻みとなります。

また、歌手は夜型の方が多い傾向にあり、お昼から夕方まではトレーニングを行い、夜にスポンサーやスタッフへのあいさつ回りをするといったケースも多く見られます。

歌手の将来性

インターネットの普及によって、歌手が自分をアピールする場や活躍の場は増えてきています。中には、インターネット上に動画をアップし、それがデビューにつながったような方も見られます。インターネットに関しては、今後もそういったチャンスが増える可能性も考えられるでしょう。

また、人気歌手になることができれば、タレントや俳優としての道が広がることもあります。歌手の活動は多様化してきているため、どのような働き方がしたいのかについて、しっかりと考えておくことが大切です。

歌手の服装

歌手の服装には、特に決まりがありません。イベントやショー、テレビなどに出演する際には、基本的に現場で衣装が用意されています。

ただし、普段から「センスが良い」「存在感がある」と思われるような服装を心がけることが大切です。外見に気をつかっていれば、思いがけぬ仕事が舞い込んでくることもあるでしょう。

おわりに

歌手として働くには、地道な努力を続け、周りからの評価を着実に高める必要があります。地味なトレーニングであっても、根気良く続けていれば少しずつ評価は高まっていくでしょう。また、歌手は歌唱力だけでなく、表現力やセンスを磨くことも大切です。

広告を非表示にする

歌手の専門学校・大学・短大

歌手に学歴は必要ありませんが、効率良くスキルや知識を学ぶために、まず進学を考える方は多く見られます。特に、専門的なスキルや知識がなく、これからどう行動すべきか分からない方は、進学を主な選択肢として考えると良いでしょう。

ここでは、歌手の専門学校・大学・短大についてご紹介します。

歌手の専門学校・大学・短大

専門学校の中には、「ヴォーカル科」「ヴォーカル専攻」など、歌手を目指す専門的なコースを設けている学校がいくつか存在しています。また、大学・短大への進学を目指す場合は、「音楽大学」が主な選択肢となるでしょう。

これらの学校に通うメリットは、基本的なスキルや知識を学べることはもちろん、すでにプロとして活躍している方と接することができたり、仕事を紹介してもらえたりする点です。活動支援などを行っている学校も見られるため、事前にパンフレットなどで確認しておくと良いでしょう。

歌手の学費

歌手の専門学校の学費は、1年間で80万円から120万円前後です。ただし、初年度は入学金や教材費などがかかるため、初年度納入金は100万円〜160万円前後となります。

大学・短大の学費については、1年間で60万円から200万円前後と大きな差が見られます。国公立・私立によって学費に大きな違いが見られるため、家族などと相談しながら慎重に進学先を決めましょう。

歌手の勉強

専門学校・大学・短大では、音楽理論を学んだり、ボイストレーニングを受けたりします。また、課題曲を与えられることもあり、自分なりにアレンジしながら歌い上げて表現力を鍛えます。

学校によっては、第一線で活躍している歌手が講師として招かれることもあります。現場での話を聞けば、自分の将来をより具体的にイメージすることにつながるでしょう。

歌手を目指している多くの方は、学校以外の時間にも努力を続けています。例えば、ボイストレーニングをしたり、肺活量を鍛えるためにランニングをしたりして、歌手としての能力を伸ばしています。

もちろん、流行りの楽曲を研究し、上手に歌えるように練習することも必要になってくるでしょう。中には、表現方法をさらに広げるために、これまであまり歌ってこなかったジャンルの楽曲を聴き込むような方も見られます。

おわりに

今回は、歌手の専門学校・大学・短大について紹介してきました。

どのような学校でも、歌手の基本的なスキルや知識を身につけることは可能です。しかし、学校によってカリキュラム・学費・活動支援の内容などが異なるため、進学先を安易に決めるべきではありません。将来の働き方をしっかりとイメージした上で、その夢を実現しやすいような進学先を選ぶようにしましょう。

歌手として必要な能力

音楽業界は実力主義の業界であるため、歌手には資格が求められるわけではありません。ただし、ただ歌唱力があるだけでは、人気歌手として成功することは難しいでしょう。では、歌手にはどのような能力が必要になるのでしょうか。

ここでは、歌手として必要になる能力についてご紹介します。

歌手として必要になる能力

歌手を目指している方の多くは、ボイストレーニングやレッスンなどを受け、日々歌唱力を磨いています。そのため、ただ歌唱力が優れているだけでは、周りから高い評価を受けることは難しい傾向にあります。

歌唱力以外にも、歌手には独特な声質や表現力などが求められます。聴いている人々に、「この歌はこの歌手以外には歌えない」と思わせることができない限り、歌手として成功することは難しいでしょう。そのため、日頃から表現方法などを工夫し、自分なりにアレンジすることが大切になります。

また、作詞作曲や編曲など、歌う以外のことができるようになれば、重宝される可能性があります。時間に余裕のある方は、積極的にさまざまなことにチャレンジしてみましょう。

セルフプロデュース力も重要なポイント

事務所やプロダクション、レコード会社などへの所属を目指す場合には、オーディションや面接などを受けることになります。そのような場所で、自分をしっかりとアピールすることができれば、契約を結べる可能性が高まるでしょう。

上手にアピールするためには、自分の魅力や欠点などを把握しておく必要があります。歌声を録音して何度も聴いたり、ほかの歌手との違いを研究したりして、自分のアピールポイントを見つけてみましょう。

また、「人脈」も重要になる職業であるため、コミュニケーション能力や行動力なども必要になります。1度失敗したからと言ってくじけず、さまざまな場所に出向いて人脈を広げる努力をしましょう。

ルックスも人気に影響する?

歌手として注目されるには、周りの人にインパクトを与えることが必要となります。コンサートやライブの出番が少なくても、印象深いパフォーマンスをすることができれば、着実にファンは増えてくるでしょう。そういった意味合いで、ルックスは非常に重要なポイントとなります。

ルックスが重要とは言っても、「カッコいい」「可愛い」などの条件を満たしていれば、必ず成功するというわけではありません。インパクトを与えるには、覚えやすく分かりやすいルックスも意識することが大切です。人前で歌う時には、髪型や服装などにもこだわってみましょう。

おわりに

今回ご紹介したように、歌唱力だけでは歌手としての仕事を得ることは難しい傾向にあります。そのため、表現力やルックスなど、人前で歌う時にはさまざまな工夫をすることが大切なポイントになります。インパクトに残るパフォーマンスができるように、日頃からどのような工夫をするべきか考えておくと良いでしょう。