なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

歌手に向いている人、適性

歌手には歌唱力だけでなく、そのほかにもさまざまな能力が求められます。求められる能力をあらかじめ把握しておけば、正しい方向性で努力をすることができるでしょう。

そこで今回は、歌手に向いている人や適性などについてご紹介します。

歌手に向いている人

さまざまな音楽に興味がある人は、歌手に向いていると言えます。ひとつのジャンルだけでなく、幅広いジャンルの音楽を普段から聴いていれば、さまざまな表現方法を身につけることができるでしょう。

また、精神力が強い人も、歌手には向いています。多くのオーディションを受け続け、さまざまなことにチャレンジするには、1度の失敗ではくじけない精神力が必要となります。失敗を経験しても、「良い経験を積むことができた」と割り切れる方は、着実にスキルを伸ばすことができるでしょう。

歌手の適性

コンサートやライブでは、より良いパフォーマンスにするためにステージ上を動き回る必要があります。また、リハーサルや打ち合わせなどを含めれば、1日のほとんどを会場で過ごすことになるでしょう。そのため、歌手には「体力」が求められます。

「筋力」も歌手にとっては重要なポイントです。声を支えるための腹筋が備わっていなければ、上手に歌い上げることが難しいためです。

歌手の楽しさ

音楽が好きな方であれば、自分の好きな歌を歌っているだけで、楽しさを感じることができます。もちろん、人気歌手として活躍することができれば、さらに大きなやりがいや楽しさを感じられるでしょう。

また、レコーディングが終わり、ひとつの作品が完成した時も、楽しさを感じられる瞬間です。ヒット曲に携わることができれば、自分の歌声が後世に残る可能性もあるでしょう。

歌手が使う道具

歌手には、特に必要になる道具はありません。マイクなどの機材や衣装に関しては、歌う会場側で用意されています。

ただし、歌手として活動している方の中には、自分専用のマイクを持っている方が多く見られます。また、ギターなどの楽器や、コンサートで使う衣装を持っている方も少なくありません。

歌手の求人、就職

数は多くありませんが、求人情報誌や求人サイトの中には、歌手の求人情報もいくつか見られます。ただし、雇用形態に関してはアルバイト・パートなどがほとんどです。

歌手を目指す場合には、求人情報誌や求人サイトではなく、雑誌などからオーディションの情報を収集し、申し込む方法が一般的となります。

歌手を目指す方へ

事務所やレコード会社などと契約しても、歌手として成功するのは簡単なことではありません。歌手として働き始めてからも、さまざまな努力を続けることが大切になります。歌手を目指している方は、その点を忘れずに地道な努力をコツコツと続けていきましょう。

また、作詞・作曲や編曲など、歌唱力以外の能力を備えていると、周りから評価されやすくなります。そのため、ボイストレーニングや歌のレッスン以外にも、さまざまなことに挑戦することが大切です。

おわりに

歌手は努力し続ける必要がある職業であり、成功することは簡単ではありません。しかし、だからこそファンが増えたりヒット曲が生まれたりした時には、大きな喜びを感じることができるでしょう。成功することをイメージしながら、コツコツと努力を続けることが大切です。

訪問介護員(ホームヘルパー)の仕事とは?

訪問介護員(ホームヘルパー)は要介護者(介護を必要としている人)の生活援助やケアなどを行っており、要介護者の日常生活を幅広くサポートしています。要介護者にとっては頼もしい存在であり、高齢社会をむかえている日本にとっては、必要性の高い職業とも言えるでしょう。では、そんな訪問介護員は具体的にどのような仕事をこなしているのでしょうか。

今回は、訪問介護員の仕事内容や年収についてご紹介します。

訪問介護員(ホームヘルパー)とは

訪問介護員とは、要介護者の自宅を訪問し、食事・排せつ・入浴などのサポートをして日常生活を支えている職業です。誰でもこのような仕事をこなせるわけではなく、国から要介護者と認められた人を仕事としてサポートするためには、介護保険法に基づく必要があります。したがって、法律で定められた研修を受けたり、資格を取得したりしない限りは、訪問介護員として働くことができません。

訪問介護員事業所などに所属して働きますが、その事業所も都道府県などの指定を受けていないとサービスを提供できない仕組みとなっています。このように、訪問介護員はさまざまなルールが決められている職業ですが、そういったルールによって介護サービスの質は保たれています。

訪問介護員(ホームヘルパー)の仕事内容

訪問介護員の仕事内容は、「生活援助・身体介護・通院等乗降介助」の3つに分けることができます。生活援助とは、家事の代行や買い出しなど、暮らしのサポートをする仕事です。要介護者にとって必要なサポートの内容を見極め、積極的に行動することが大切になります。

身体介護とは、食事・排せつ・入浴などの行為の際に、要介護者の身体を支える仕事です。身体の大きな要介護者の方もいるため、この仕事では筋力や体力が必要になってきます。

通院等乗降介助とは、福祉車両介護タクシーを利用する際に、身体を支えて乗降の手助けしたり、バス停まで付き添って歩いたりする仕事です。要介護者は転倒によって大けがをしてしまう恐れがあるため、乗降介助は重要な仕事のひとつになっています。

訪問介護員(ホームヘルパー)の年収

訪問介護員の平均年収は、250万円から300万円前後です。勤務年数が長いほど年収は高くなり、介護施設に勤めた場合には、幹部などに昇格するチャンスもあります。昇格することができれば、さらに高い年収を期待することができるでしょう。

また、生活援助・身体介護のどちらの仕事を中心的にこなすのかによって、給料が変わる場合もあります。ちなみにパートの時給を比較すると、生活援助が1,300円から1,600円、身体介護が1,800円から2,500円と、身体介護の方が高い傾向にあります。

おわりに

今回は、訪問介護員の仕事内容や年収をご紹介しました。

ほかの職業と比べて平均年収が高いとは言えませんが、週休2日が守られていたり、そのほかの待遇が良かったりする施設も多く見られます。また、社会に貢献できる職業であるため、やりがいを感じられるタイミングも多いでしょう。

訪問介護員(ホームヘルパー)になるには?

訪問介護員(ホームヘルパー)は、要介護者の日常生活を幅広くサポートする、非常にやりがいのある職業です。高齢化が進む日本においては、社会からの注目度が高く、需要も年々高まってきています。

ここでは、そんな人々の役に立つ訪問介護員を目指す方法について具体的にご紹介します。

訪問介護員(ホームヘルパー)になるには

訪問介護員として働くためには、「訪問介護員」の資格が必要となります。この資格は国家資格ではありませんが、厚生労働省から訪問介護員として認可されない限り、訪問介護員になることはできません。

多くの方は「介護職員初任者研修」という養成講座を受けた後に、訪問介護員として働くことになります。この研修は、公共職業安定所(ハローワーク)などの公的機関、もしくは民間企業のどちらでも受けることができます。受ける場所によって、研修の費用や実施期間が変わってくるため注意しておきましょう。

訪問介護員(ホームヘルパー)の一日

訪問介護員の一日のスケジュールは、「生活援助・身体介護」のどちらを中心的に行うのかによって異なります。ただし、基本的には訪問時間があらかじめ決められており、業務は要介護者とコミュニケーションをとることから始まります。

生活援助の場合には、軽くコミュニケーションをとった後に、食事を作ったり掃除を始めたりしますが、ほとんどの業務は利用者と相談をしながら進めていきます。ほかにも、薬の受け取り・洗濯・ベッドメイクなどを行い、1時間から2時間程度の作業をこなしたら、次の利用者の自宅へ向かいます。

身体介護の場合は、食事・排せつ・入浴などさまざまなサポートをする必要があるため、一日をかけてひとりの要介護者をサポートすることもあります。

訪問介護員(ホームヘルパー)の将来性

現在の日本では、介護業界の人材が全体的に不足していると言われています。その影響によって、国の政策で訪問介護員を増やす計画も出てきており、賃金が以前に比べると見直されてきています。

それに加え、資格も比較的取得しやすくなってきており、目指しやすい環境が整ってきています。日本においては、今後もさらなる高齢化が進むとされているため、それにともなって訪問介護員の需要も高まってくるでしょう。

訪問介護員(ホームヘルパー)の服装

就職先によっては制服の貸し出しがされていますが、基本的には地味で動きやすい服装を自分で用意することになるでしょう。水回りの仕事も多いため、エプロンが必要になることもあります。

また、訪問介護員は人と深く接する職業であるため、清潔感のある服装を意識することも大切です。

おわりに

訪問介護員は、要介護者や家族との「信頼」が重要になる職業です。信頼関係を築くには、淡々と業務をこなすだけでなく、思いやりをもって仕事にあたる必要があります。また、要介護者や家族の方に不快感を与えないように、日頃の服装にも注意する必要があるでしょう。

訪問介護員(ホームヘルパー)の専門学校・大学・短大

訪問介護員(ホームヘルパー)として活躍するためには、さまざまな知識とスキルが必要になります。資格を取る勉強だけではなく、福祉業界全般の知識を身につけることで、広い視野を持つことができるでしょう。独学でもそういった知識を身につけることは可能ですが、学校を上手く活用すれば、訪問介護員への近道となります。

ここでは、訪問介護員の学校選びについて、詳しくご紹介いたします。

訪問介護員(ホームヘルパー)の専門学校・大学・短大

訪問介護員になるために、必ず通わなければならない学校はありません。しかし、役に立つ知識を学べる学校は、全国に多く存在しています。

学校選びでは、主に「社会福祉学科」のある専門学校・大学・短大を選ぶと良いでしょう。これらの学校では、専門的な知識の勉強だけではなく、就職に有利になる資格の勉強もすることができます。

また、学校で出会った友人も、大きな存在となります。同じ学校の友人であれば、勉強や業界の悩みを

理解してくれるため、お互いに励まし合いながら立派な訪問介護員を目指しましょう。

専門的なコースが備わっている学校を選べば、在学中に実習を経験することができます。就職支援などを行っている学校も見られるため、事前にパンフレットなどでしっかりと情報収集しておきましょう。

訪問介護員(ホームヘルパー)の学費

大学・短大の学費に関しては、年間で80万 円から100万円ほど必要になる学校が多くなっています。国公立・私立によって学費には大きな違いが見られ、学費の高い学校では年間に150万円必要になることもあります。

専門学校に関しても、年間の学費に大きな違いは見られません。

訪問介護員(ホームヘルパー)の勉強

学校では同級生などと協力し、人体の構造を学ぶための実習を中心的に行います。老化や、それにともなう病気についての臨床学・精神心理学・保険制度についての知識も学んでおくと、将来的に役に立つでしょう。

時代によって勉強しなければならないことが増える点も、訪問介護員の特徴です。特に、老化や障害に関する分野は、科目が増えている傾向にあります。

また、人と深く接する職業であるため、日々の生活からコミュニケーション能力を高める意識を持っておくと、訪問介護員として働く上で役に立つでしょう。

おわりに

学校選びで重要になるのは、誰かに決めてもらうのではなく、自分の環境に合わせて自分で決めることです。気になる学校が見つかったら、パンフレットなどを取り寄せて細かい情報を確認するようにしましょう。事業所で実際に働いている方々に、現場の意見を聞いてみるのもおすすめです。

訪問介護員(ホームヘルパー)に必要な資格、介護福祉士

高齢化社会にともない、必要性が増してきている訪問介護員(ホームヘルパー)ですが、誰もが簡単に仕事に就けるわけではありません。人の生活に関わる職業であるため、専門的な知識やスキルを学ぶ必要があります。では、知識やスキルを証明する資格には、どのようなものがあるのでしょうか。

今回は、訪問介護員になるために必要な資格についてご紹介します。

訪問介護員(ホームヘルパー)の資格

訪問介護員として働くために必要な資格は、大きく分けて2つあります。1つ目は国家資格でもある「介護福祉士」であり、この資格を持っているだけで訪問介護員として働くことが認められます。

2つ目は、「介護職員初任者研修」と呼ばれている講習を受けて取得する資格です。訪問介護員を目指す場合には、介護職員初任者研修を受ける方法が一般的となります。以下では、この研修について詳しくご紹介しましょう。

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修は、訪問介護員として働くための必要な基礎知識を総合的に学べる講習です。求人の応募資格にも含まれていることが多いため、訪問介護員を目指す方の入門資格といった位置づけになっています。

上位資格としては、「実務者研修」と呼ばれる資格が存在しており、実務者研修に合格することができれば、最終的に国家資格である「介護福祉士」の取得を目指すこともできるでしょう。研修内容は、訪問介護員の職務・介護の基本・医療との連携やサービスの仕組み・コミュニケーション技術・老化や病気についての知識など、幅広い分野となっています。

介護職員初任者研修の試験

介護職員初任者研修では、最後に修了試験が実施されます。この試験は、130時間の研修で学んだ範囲から出題される筆記テストです。

問題は研修を受けた場所によって異なりますが、難易度はそれほど高くないと言われています。問題数は32問であり、最終日の「振り返り授業」の後に実施されるため、それまでの講義をしっかり理解していれば、特別な勉強時間を取らなくても合格できるでしょう。

介護職員初任者研修の合格率

介護職員初任者研修の合格率は公表されていませんが、ほぼ100パーセントに近い数字で合格者が出ているスクールもあります。合格点数は70点以上となりますが、万が一不合格になってしまっても、すぐに補講を受けて再試験に挑むことができます。

おわりに

資格の取得に向けて勉強をすれば、効率良く知識やスキルを吸収することにもつながります。ただし、資格の種類によって、学べる内容が異なる点には注意しなければなりません。取得する資格で迷っている方は、今回ご紹介した介護職員初任者研修の受講から考えてみましょう。

訪問介護員(ホームヘルパー)に向いている人、適性

ほかの職業と同じように、訪問介護員(ホームヘルパー)にも向いている性格や適性があります。仮に、自分に合わないと感じたとしても、早い段階で気付くことができれば、欠点を修正することは可能です。

では、訪問介護員に向いている人とはどのような人でしょうか。以下では、仕事の楽しさや使う道具、気になる求人などについてもご紹介します。

訪問介護員(ホームヘルパー)に向いている人

人と接することが好きな人は、訪問介護員に向いています。訪問介護員の仕事では、時に気難しい人のお世話をすることもあります。ボランティア精神を持って、会話を楽しみながら人のお世話をできる方は、訪問介護員の仕事自体を好きになれるでしょう。

訪問介護員(ホームヘルパー)の適性

訪問介護員は、個人の生活に関わる職業であるため、守秘義務(情報を外に漏らさない義務)が求められます。したがって、性格面では口が堅く、責任感の強い人が適任です。

また、訪問介護員は利用者との「信頼」が大切になる職業でもあります。外見の清潔感も見られるため、普段から身だしなみや言葉遣いに気をつけている人は好まれるでしょう。

訪問介護員(ホームヘルパー)の楽しさ

人々の生活を支えると同時に、心の支えにもなれるのが訪問介護員の仕事です。さまざまな悩みや不安を抱える利用者が多いため、真摯な態度で利用者のお世話に取り組めば、多くの感謝をされることになります。

また、自分が関わった人たちの笑顔を引き出すことができた時、楽しさややりがいを実感することができるでしょう。

訪問介護員(ホームヘルパー)が使う道具

訪問介護員が使う道具は、勤務する場所によって変わります。特に必要性が高いのは、仕事内容を記録する「実施記録」やメモ帳、ペンなどです。

個人宅に向かう時には、タオルやマスクなどの衛生用品も自分で用意します。

訪問介護員(ホームヘルパー)の求人、就職

訪問介護員の職場は、主にグループホームや老人ホーム、個人宅となります。求人数に関しては、ほかの業種に比べると多い傾向にあるでしょう。

雇用形態についても、アルバイト・パートだけではなく、正社員の募集も多く見られます。

訪問介護員(ホームヘルパー)を目指す方へ

高齢化が進み、訪問介護員の必要性が高まるにつれて、待遇は少しずつ向上してきています。また、訪問介護員は50代や60代の方でも、現役で働ける息の長い職業です。将来どのような働き方をしたいのかイメージしながら、コツコツと努力を続けていきましょう。

施設によっては、従業員のストレスが溜まらないようにカウンセリングをしてくれたり、研修や講習を実施してくれたりする就職先もあります。働き始めてからもスキルアップを目指したい方は、慎重に就職先を決めるようにしましょう。

おわりに

熱意を持って勉強などに取り組めば、自分の欠点を補うことも可能です。そのため、現時点で訪問介護員に向いていないからといって、諦める必要は全くありません。自己分析をしっかりと行い、これから行うべき努力を見極めていきましょう。

消防官の仕事とは?

消防官は、市民を守るヒーローのようでかっこいいため、子どもからも人気の職業です。火災現場で活躍する姿や、学校での防災訓練などで見るきびきびとした動きに憧れて、消防官を目指す人も多いことでしょう。

今回は、そんな憧れの職業「消防官」について、分かりやすくご説明します。

 

消防官とは

消防官とは、地域の消防署に所属し、さまざまな角度から市民の安全を守る大切な仕事をしている職業です。消火活動をイメージする人も多いですが、ほかにも消防官はさまざまな仕事をこなしています。

消防官の仕事は、主に「消火・救急・救助・予防業務」といった、4つの業務に分けられます。ある時は火災現場で消火活動をし、またある時は救急車に乗ってケガや病気の人を病院まで運ぶなど、さまざまな面での任務が期待されます。大変な仕事もありますが、とてもやりがいのある職業です。

 

消防官の仕事内容

上記でご紹介した「消火」は、その名の通り火を消す活動のことです。通報を受けた場合には、消防官は素早く火災現場に向かい、消火のための活動を行います。それと同時に人命救助をしたり、近隣住民の避難を誘導したりします。出火元の立地や天候、風向きを読み火災の広がりを防ぐこと、消火活動がしやすいように障害物を寄せることなども、消火活動に含まれます。

「救急」は、事故によるケガ人などに応急処置をし、救急車で安全に病院まで運ぶ活動です。基本的に、運転手・隊員・救急救命士の3人がひとつのチームになって出動します。

「救助」は、交通事故・土砂災害・水難事故などのあらゆる災害現場から、人命を助ける活動です。救助活動には多くの人が関わるため、連絡・連携を取りながら速やかに行います。

「予防業務」では、火災を未然に防ぎ、もし起こったとしても被害を最小限にとどめるため、市民の啓もう活動を行います。そして、建物や施設の防火設備をチェックしたり、危険物を取り扱うためのルールを指導したりすることも、予防業務に含まれます。

消防官の活動は連携作業が多いため、普段から統制の取れた動きを訓練して、もしもの時に備えています。

 

消防官の年収

消防官は公務員の一種ですが、ほかの公務員より危険な業務にあたる機会が多いため、給料もその分多く、さまざまな手当が用意されています。平均年収は700万円とされており、手当がついたり昇進したりすると、さらに高い年収を期待できます。

初任給に関しては、高卒・短大卒・大卒で違いがあります。例えば、高卒者と大卒者を比べると、大卒者の方が5万円ほど高くなっています。

 

おわりに

消防官の仕事内容は幅広く、地域住民の安全を守るには、どの仕事も重要になってきます。消防官を目指している人は、今回ご紹介した仕事内容をしっかりと理解し、どのような能力が必要になるのか見極めておきましょう。