読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なりたい職業を探す/憧れの職業がきっと見つかる

「憧れの職業になるには?」を中心に、専門学校・大学・短大への進学を目指す高校生・社会人の方に向けてコラムやニュースを配信しています。

ファッションデザイナーの仕事とは?

ファッションデザイナーはクリエイティブな世界で活躍する、華やかで魅力的な職業です。実際に働いている姿をメディアや雑誌で確認し、そのカッコ良さに憧れる若者も多いことでしょう。しかし、好きなことを仕事にするためには、仕事内容をしっかりと把握することが重要です。

そこで今回は、ファッションデザイナーの仕事内容や年収についてご紹介します。

ファッションデザイナーとは

ファッションデザイナーは簡単に言うと、服をデザインする職業のことです。使われる素材や色、全体のシルエットや機能性といった企画の立案だけではなく、縫い方などの構造まで担当することがファッションデザイナーの役割となります。

自分の構想がスケッチで表現できても、現物として仕上げられなければ商品にはなりません。ファッションデザイナーには独創的なアイデアと、そのアイデアを実現する方法の両方が求められます。

また、服だけではなく、カバンや靴、装飾品などを手がける方も見られます。さらに、ひとつの分野で活躍するファッションデザイナーもいれば、ファッションをトータルでプロデュースするようなファッションデザイナーも存在しています。さまざまな働き方があるため、自分の目指すファッションデザイナーの在り方を明確にすることが大切です。

ファッションデザイナーの仕事内容

ファッションデザイナーの具体的な仕事内容は、企業で働くのか、個人で経営するのかによって変わってきます。基本的には、まずターゲット(購買層)を決めて、流行やニーズなどの情報収集といったマーケティング・リサーチ業務を行います。

そこから、会議やミーティングを経て、いよいよデザイン構想が始まります。デザイン画を仕上げたら、縫い方や材料などを決めて具体的な作り方を練り上げていきます。この段階では、コストや納期なども考えることになるでしょう。

次に、制作指示書を作成し、商品のサンプルを完成させます。そのサンプルを参考に、見直しや修正を何度も繰り返して商品化へと進みます。基本的な流れは以上となりますが、企業によってはそれぞれの仕事を、専門性の高い人が担当する場合もあります。

ファッションデザイナーの年収

ファッションデザイナーの平均年収は、アパレルメーカーに勤める企業デザイナーの場合で400万円前後です。個人経営の場合は、センスの良し悪しで年収が大きく左右します。

初任給は300万円前後が平均とされており、着実にキャリアを積んでいけば、500万円ほどの年収を目指すことができるでしょう。

おわりに

アパレル業界は、基本的に自分のセンスで勝負をすることになります。デザインを生み出すセンスだけではなく、流行や情報に敏感に反応できるような、マーケティングのセンスも必要となるでしょう。

流行のファッションについては、今からでも勉強することができるため、毎日コツコツと最新の情報を勉強することが大切です。

ファッションデザイナーになるには?

ファッションデザイナーとして働くには、構想をデザイン画に起こすような表現力や、実際の商品を作るための構造的な知識が必要になってきます。では、そのようなスキルや知識は、どのような方法で身につけることができるのでしょうか?

ここでは、ファッションデザイナーの目指し方や将来性などについてご紹介します。

ファッションデザイナーになるには

ファッションデザイナーとして働いている多くの方は、専門学校・大学・短大に通い、基本的なスキルや知識から勉強しています。また、企業勤めのファッションデザイナーを目指す場合は、応募資格にファッション系の学校を卒業していることが含まれるケースが多いため、「服飾デザインコース」などを備えている学校が主な選択肢となるでしょう。

ファッションデザイナーには必須の資格はありませんが、就職活動の際にアピールにつながる資格は数多くあります。企業のことを下調べした上で、就職に有利な資格を選んで勉強すれば、ファッションデザイナーの夢が近づくでしょう。

アパレルメーカーやデザイン事務所に就職した場合には、最初はアシスタント扱いになります。しかし、経験さえ積めば大きなデザインを任されるようになるため、諦めずに頑張ることが大切です。

ファッションデザイナーの一日

ここでは、企業に勤めるファッションデザイナーの一例をご紹介しましょう。

午前中は社内でデスクワークを行い、具体的にはスケジュールの管理・担当したデザイン画の作成・会議の資料作りなどをこなします。アパレル業界は、全体的に昼食後の時間帯が忙しくなる傾向にあり、昼過ぎからは本格的な会議に参加したり、社外の関係者と打ち合わせをしたりします。

会議や打ち合わせで決められた内容によって、夕方の仕事は変わってきます。デザイン画を描き始める人、情報収集のために外出して資料を集める人、引き続き会議に参加する人など、状況に合わせた仕事をこなしていきます。クリエイティブな世界はスケジュール通りに仕事が進まない場合も多いため、一日の時間の使い方が重要になります。

ファッションデザイナーの将来性

ファッションデザイナーは、生きていくのに欠かせない衣食住のひとつを担う職業です。そのため、需要は安定して続くと見られており、現状でも求人情報は比較的充実しています。しかし、商品の購入は消費者の自由であるため、ファッションデザイナーの将来性は消費者の好みや経済状況などに大きく左右されます。

また、着実に周りからの評価を高めていけば、将来的に独立への道が広がることもあるでしょう。独立して成功すると、平均年収を大きく超えた収入を得ることも可能となります。

ファッションデザイナーの服装

ファッションデザイナーの服装に、特に決まりはありません。ただし、打ち合わせや会議などが多く、人と会う機会が多い職業であるため、ジャケットなどの清潔感がある服装が好まれる傾向にあります。また、シンプルで動きやすいスタイルも、好まれやすい服装です。

おわりに

ファッションデザイナーの働き方はさまざまであり、働き方によって求められる知識やスキルは異なります。ただし、ほとんどの方は専門学校・大学・短大へ進学しており、基本的な知識やスキルから学んでいます。勉強方法に悩んでいる方は、まずは進学することを主な選択肢として考えてみましょう。

ファッションデザイナーの専門学校・大学・短大

ファッションデザイナーとして活躍されている方の多くは、専門学校・大学・短大の卒業生です。学校ではスキルや知識を学ぶだけではなく、有名なファッションデザイナーの方とつながりを持てたり、出会った友達と競い合うことで自分の力が開花したりと、さまざまなメリットを得られます。

ここでは、ファッションデザイナーの専門学校・大学・短大についての情報や、学費などを紹介していきます。

ファッションデザイナーの専門学校・大学・短大

ファッションデザイナーの専門的なスキルや知識を学べる学校には、いくつかの種類があります。美術系の大学や短大も主な選択肢となりますが、多くのファッションデザイナーは専門学校を卒業しています。

これは、専門学校では実践的な内容を多く学ぶことができ、企業側も即戦力というイメージを持っているためです。在学中の作品も就職活動に関わってくるため、後悔のないように勉強していきましょう。

また、学校によってカリキュラムが異なる点にも注意が必要です。ファッションにもさまざまなジャンルがあるため、学べる内容をしっかりと下調べした上で、進学先を決めるようにしましょう。

ファッションデザイナーの学費

専門学校の学費は、1年間で70万円から100万円程度の金額となります。ただし、授業料以外にも入学金や教材費、道具購入費などがかかるため、事前に各学校の学費を細かく確認しておきましょう。

美術系の大学・短大の学費は、1年間で50万円から150万円前後となります。国公立・私立によって学費には大きな違いが見られるため、家族など身近な人としっかりと相談をするようにしましょう。

また、デザイン画を仕上げる際にはパソコンを使う場合があるため、パソコンを持ってない人はパソコンの購入費を計算に入れておくことが望ましいです。

ファッションデザイナーの勉強

ファッションデザイナーの勉強の科目としては、「デザイン・色彩・裁縫・パターン」などがあります。これらの中でも、特にデザインの科目は内容が幅広く、パソコンの使い方やマーケティングなども学びます。

色彩については、色の組み合わせによるイメージ、意味合いなどを専門的に学んでいきます。また、裁縫とパターンでは、デザイン画を実際に商品にするための技術を学びます。ただ商品を完成させるだけではなく、コスト管理を含めて製作することが大切なポイントです。

おわりに

今回ご紹介したように、進学先選びではカリキュラムや学費など、さまざまな情報を事前に調べる必要があります。学校の雰囲気や通いやすさ、就職支援なども重要なポイントになってくるでしょう。パンフレットなどでしっかりと下調べを行い、細かく各学校を比較していきましょう。

ファッションデザイナーに必要な資格、洋裁技術検定

ファッションデザイナーとして働く上で、役に立つ資格はいくつか存在しています。資格がないとファッションデザイナーを名乗れないわけではありませんが、中にはスタートラインに立つためのパスポートのような役割を果たしている資格も見られます。

そこで今回は、ファッションデザイナーに関する代表的な資格を紹介します。

ファッションデザイナーの資格

ファッションデザイナーに関する資格としては、まず「洋裁技術検定」を挙げることができます。この資格では、衣服製作についてのトータル的な知識を問われるため、ファッションデザイナーに関する代表的な資格と言えます。

そのほかには、デザイン画を立体にするための「パターンメイキング技術検定」や、色彩に関する「ファッション色彩能力検定」と「カラーコーディネート検定試験」などがあります。いずれも必須の資格ではありませんが、取得しておけば知識やスキルを証明することにつながるでしょう。

洋裁技術検定とは

洋裁技術検定は、服を製作する上で必要になる知識とスキルを証明する資格です。初級・中級・上級に分けられており、初級では素材や服の作り方についての基礎知識を問われます。

中級では、流行や社会性に加えて、色彩・マナー・スタイル画のスキルなどが問われることになります。上級に関しては、歴史を含めた衣服のさまざまな知識が問われます。

全ての級で実技試験が実施されており、特に上級では実務レベルのスキルが求められます。

洋裁技術検定の試験

洋裁技術検定の試験は、日本ファッション教育振興協会が認定した学校の学生のみが受験できます。試験日は年に1回であり、毎年1月の第3日曜日に実施されています。

初級に関しては、洋裁の専門学校に1年間通えば取得できるレベルとされています。試験自体の難易度は比較的易しいとされているため、学校の勉強にしっかりと取り組んでおけば、特に心配する必要はないでしょう。

洋裁技術検定の合格率

洋裁技術検定試験の合格率は、初級・中級・上級の全ての級において、80パーセント以上と高い数字になっています。日本ファッション教育振興協会の認定校の中には、試験対策が行われている学校も見られるため、進学先選びのひとつの基準として考えておくと良いでしょう。

おわりに

洋裁技術検定では、ファッションデザイナーに関するさまざまな問題が出題されるため、取得に向けて勉強をするだけでも大きな意味があります。もちろん、今回ご紹介したほかの資格に関しても、取得に向けて勉強をすれば、基本的な知識・スキルを身につけることができるでしょう。

ファッションデザイナーに向いている人、適性

ファッションデザイナーになりたいと感じつつも、「センスが必要だから自分には向いていないかもしれない…」と不安に思う方は多くいるでしょう。しかし、センスは努力で身につけることができますし、後から開花する場合もあります。まずは、ファッションデザイナーがどんな人に向いているかを知り、必要な能力を身につけるための努力を始めることが大切です。

そこで今回は、ファッションデザイナーに向いている人や適性などについてご紹介します。

ファッションデザイナーに向いている人

最新のファッションに対して興味を持っている人は、ファッションデザイナーに向いていると言えます。現代人が求めているファッションを提供するには、さまざまなジャンルの最新ファッションを研究しなければなりません。

また、特別な感性を持っている人は周りを惹きつける魅力があるため、ファッションデザイナーとして成功しやすくなるでしょう。

ファッションデザイナーの適性

ファッションデザイナーは会議や打ち合わせに多く参加するため、コミュニケーションを取ることが好きな人は適性があります。企業勤めの場合は、担当を分けてチームで作業をすることも多くなるため、協調性のあるファッションデザイナーが好まれます。

納期やコストの面で計画性のある人、周りの意見をしっかりと聞ける人なども、ファッションデザイナーとして高く評価されやすいでしょう。

ファッションデザイナーの楽しさ

制作に自分が携わった服が、実際のお店に並んでいる光景を見た時に、ファッションデザイナーは楽しさを強く実感することができます。また、ものづくりやファッションに興味がある人なら、手先を動かしてただ服を作っているだけで、楽しさを感じることができるでしょう。

ファッションデザイナーが使う道具

ファッションデザイナーとして働く上では、デザイン画を作るためのペンや紙、パソコンなどの道具は必須となります。急に打ち合わせが入ることも珍しくないため、色見本やスケールを持ち歩いている方も多く見られます。

ファッションデザイナーの求人、就職

ファッションデザイナーの求人については、アパレルメーカーやデザイン事務所からの求人が多くなっています。大手企業に関しては、ファッションデザイナーとしてではなく、パタンナーなど専門分野に特化した人材を求めている傾向にあります。

衣服制作に関する総合的な技術や知識が備わっている方であれば、将来的に独立する道も視野に入ってくるでしょう。

ファッションデザイナーを目指す方へ

ファッションデザイナーの業界では、約7,000人の人が活躍しているとされています。有名になれる割合はほんの一握りであるため、成功を収めることは簡単ではありません。

しかし、日頃からコツコツと努力し、さまざまなことに積極的にチャレンジしていけば、自然と道は開けてくるでしょう。そのことを忘れずに、努力を惜しまないようにしましょう。

おわりに

ファッションデザイナーとして成功するためには、まず自分を冷静に分析することが大切になります。不足している知識やスキルなどが判明したら、その欠点を補うための努力を始めてみましょう。

現段階で向いていなかったとしても、努力次第で評価を高めることはできるため、諦める必要は全くありません。

モデルの仕事とは?

ファッション雑誌やテレビのCMなど、モデルはさまざまな業界で活躍している職業です。外見がひとつの武器になる職業であるため、モデルに対して「キレイ・華やか」といったイメージを持っている方も多いことでしょう。しかし、モデルの方は外見をただ整えるだけでなく、ほかにもさまざまな仕事をこなしています。

ここでは、モデルの仕事内容や年収についてご紹介します。

モデルとは

写真や映像などの被写体となったり、外見の特徴を活かしてファッションショーやイベントに出演したりする職業のことを、モデルと言います。モデルにはさまざまな働き方があり、その仕事内容によって「ファッションモデル」や「パーツモデル」、「美術モデル」などの種類に分けられています。

日本では、単に「モデル」と言う場合にはファッションモデルのことを表すことが多くなっています。モデルの活躍の場は幅広く、ファッションモデルだけでも雑誌やファッションショー、CMなど、さまざまな業界で活躍している姿が見られます。

また、モデルは大きく分けると「プロモデル」と「読者モデル」に分けられます。プロモデルとは、事務所に所属して活動しているモデルや、ブランドの専属モデルとして活躍しているモデルのことを指します。それに対して、学生やOLなどを本業とし、空いた時間を活用して活動しているモデルのことを、読者モデルと言います。

モデルの仕事内容

モデルは種類によって働き方が異なるため、以下ではファッションモデルの仕事内容についてご紹介します。ファッションモデルは自分の外見によって、企業の商品を効果的に広告することが重要になるため、普段から外見に気をつかう必要があります。体型を維持するのはもちろん、髪型や服装、表情などを工夫し、広告する商品に合った雰囲気をつくることも仕事内容に含まれるでしょう。

実際の撮影やファッションショーでは、事前にリハーサルやメイクアップなどが行われることもあります。リハーサルがある場合には、広告する商品がより良く見えるように、ポーズや動き方などを確認します。ただ被写体となるだけではなく、時にはカメラマンやデザイナー、スタイリストの方たちと意見を交わす必要性も出てくるでしょう。

モデルの年収

モデルの給料は、「出来高制」とされているケースが多くなっています。人気が高いモデルほど仕事1本あたりの給料が高く、仕事量も増えやすいため、その分年収は高くなります。したがって、モデルの年収は個人によって差が大きく、年収が数万円〜数十万円の方も珍しくありません。

ただし、人気モデルになることができれば、年収が1,000万円を超えることもあります。ファッションショーや雑誌だけでなく、テレビやラジオなど活躍の場を広げることができれば、さらに高い年収を期待することができるでしょう。

おわりに

モデルにはさまざまな種類があり、種類によって働き方は大きく異なります。当然、なりたいモデルの種類によって目指し方や必要なスキルも変わってくるため、まずは将来の夢を明確にすることから始めてみましょう。

モデルになるには?

モデルは大きく分けると、「プロモデル」と「読者モデル」に分けることができます。どちらのモデルを目指すのかによって、進むべき道筋が少し異なるため、モデルになりたい方は事前に目指す方法を確認しておくことが大切です。

そこで今回は、モデルを目指す方法や将来性などについて、分かりやすくご紹介します。

モデルになるには

プロモデルとして働くには、事務所やブランドと契約を結ぶ必要があります。人気モデルの場合には、自ら行動しなくても事務所側やブランド側からスカウトされることがありますが、そのようなケースが多いとは言えません。

まだ人気が出ていないモデルが契約を結ぶには、自ら積極的に行動する必要があります。例えば、事務所やブランドのオーディションに参加する、営業をして売り込むといったことが必要になるでしょう。

読者モデルを目指す場合には、雑誌などから情報を収集し、オーディションを受ける流れが一般的です。読者モデルとして活動し、多方面から高い評価を受けることができれば、プロモデルとしてスカウトされる可能性もあるでしょう。

モデルの一日

モデルの一日の流れは、その日にこなす仕事内容によって大きく変わってきます。そのため、以下では雑誌の撮影をするファッションモデルの一日をご紹介しましょう。

午前9時にスタジオに到着したら、まずはスタッフと打ち合わせをします。広告をする商品や衣装などの説明を受け、打ち合わせが終わったらメイクや着替えを行います。

午前10時になると撮影が始められ、スタッフの指示に従いながらお昼頃まで撮影が続きます。お昼頃に昼食をとったら、すぐに午後の撮影が始まります。午後16時頃に撮影が終わると、撮影した動画や写真をスタッフとともにチェックし、その日の仕事は終了となります。

人気モデルの場合には、さらにショーやイベント、テレビなどへの出演があるため、さらに忙しいスケジュールとなるでしょう。また、モデルは外見を武器にする職業であるため、仕事以外の時間も外見に気をつかいながら生活することが大切です。

モデルの将来性

インターネットの普及によって、モデルの活躍の場はますます広がってきています。通販サイトや動画サイトの利用者が増えたため、それにともなってモデルの仕事量も増加している傾向にあります。

また、人気モデルになることができれば、テレビ・ラジオ番組への出演や、女優などへの道も広がる可能性があるでしょう。

モデルの服装

モデルの服装は、その日にどのような仕事をこなすのかによって異なります。ファッションモデルの場合は、基本的にその日の衣装が決められているため、特に自分で用意するべきものはありません。

ただし、周りから評価されるためには、普段から「センスが良い」と思われるような服装を選ぶ必要があるでしょう。自分の魅力を理解し、その魅力をより引き出せるような服装にこだわることが大切です。

おわりに

モデルの働き方は人それぞれであり、最終的に目指す道も人によって変わってきます。どのような仕事をしたいのか、将来的にどのような業界で働きたいのかをしっかりと考え、その夢を実現するための努力を続けていきましょう。